新型肺炎で「日本はアジアで最も対策がずさん」、日本在住の台湾人女優が注意を呼び掛け

Record China    2020年2月1日(土) 13時30分

拡大

日本在住の台湾人女優がSNSを通じ、新型コロナウイルスについて「日本はアジアで最も対策がずさんな国」と批判。これから日本を旅する予定の人たちに対し、身の安全を守るよう注意を呼び掛けている。

(1 / 2 枚)

日本在住の台湾人女優がSNSを通じ、新型コロナウイルスについて「日本はアジアで最も対策がずさんな国」と批判。これから日本を旅する予定の人たちに対し、身の安全を守るよう注意を呼び掛けている。

その他の写真

モデルで女優のオウヤン・チン(欧陽靖)は東京に在住4年目で、日本での生活について日々、SNSを通じ発信を続けている。30日には、新型コロナウイルスの感染拡大にまつわる日本の現在の状況について長文を投稿。この中で、これまでの日本政府の対策について「アジアで最もずさんな国」と記し、台湾政府の迅速な措置を称賛した上で、今後日本へ来る人に対して「台湾より安全と思わないで」「何でも日本のほうが上だと思わないで」と、万全の注意を払うよう呼び掛けている。

オウヤン・チンは現在の日本について、テレビのニュースを見るたび「ありえない!」を連発せざるを得ない状況だとしている。これほど事態が悪化する中、28日になってやっと国内の感染拡大を防ぐための「指定感染症」にすると決定したものの、公費で賄われる治療費が外国人にも適用されると報じられたことに驚きも。薬を服用して発熱を抑えつつ観光ビザで日本へ入国し、無料で治療を受けようとする人が現れるのは「十分に考えられる」と記している。

さらにオウヤン・チンは、知り合いの日本人たちに聞いて回ったところ、ほとんどがそれほど関心や危機感を持っていないと指摘。「日本人はSARSを経験していない。日々のニュース、政治、国際情勢にも関心がない人が多い。自分の生活さえ普通に続けばいいと思っているようだ」とも書き記している。(Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携