Record China

ヘッドライン:

武漢で新型肺炎治療に当たる医師、患者の家族から暴行受け防護服破かれる―中国

配信日時:2020年1月31日(金) 21時50分
拡大
30日、中国青年網は、新型コロナウイルスへの感染が拡大している湖北省武漢市で、医師が患者の家族から暴行を受ける事件が発生したと報じた。

2020年1月30日、中国青年網は、新型コロナウイルスへの感染が拡大している湖北省武漢市で、医師が患者の家族から暴行を受ける事件が発生したと報じた。

記事は、武漢市第四医院関係者の話として、29日に同病院で2人の医師が新型コロナウイルスによる肺炎患者の家族から殴打され、防護服が破れたと紹介。医師に暴行を加えたのは死亡した患者の家族だという。

同医院の看護師は30日に「25日の夜に同僚が防護服を引き裂かれるトラブルがあった。そして今朝、医師が殴られたという話を聞いた。自分の今の気持ちを形容する言葉が見つからない」と語ったという。

記事は、この事件について警察がすでに介入をしていること、被害を受けた医師が「どれぐらいで職場に戻れるかは分からないが、今の時期あまり注目されたくない」と語ったことを併せて伝えた。(翻訳・編集/川尻

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング