Record China

ヘッドライン:

ジャッキー・チェン最新作「急先鋒」、新型肺炎で台湾でも公開延期、夏休みまでずれ込み?

配信日時:2020年1月31日(金) 18時50分
拡大
新型コロナウイルス感染の世界的な拡大により、ジャッキー・チェンの最新主演映画「急先鋒」(Vanguard)が、台湾でも公開が延期されることが分かった。
(1/2枚)

新型コロナウイルス感染の世界的な拡大により、ジャッキー・チェン(成龍)の最新主演映画「急先鋒」(Vanguard)が、台湾でも公開が延期されることが分かった。

その他の写真

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大は、中国の旧正月映画シーズンを直撃。23日、「急先鋒」を含む7本の新作映画が公開延期を発表している。台湾では来月7日から上映予定だった「急先鋒」だが、30日に公開延期が明らかに。新たな上映スケジュールについては今のところ未定となっている。

中国で上映中止となった7本は「急先鋒」をはじめ、人気シリーズ第3弾で妻夫木聡や長澤まさみら日本人キャストも多数出演する「唐人街探案3(僕はチャイナタウンの名探偵3)」、大作アニメ映画の「姜子牙」など話題作ばかり。旧正月前に映画の前売り券の売り上げ額は約5億元(約79億円)に達しており、映画市場の被った痛手はあまりにも大きいものとなっている。

観客が気になるのはこれら作品の新たな公開時期だが、中国メディアの新華網では5月初めの大型連休の時期、あるいは夏休みシーズンになるのではないかと報道。いずれにしても新型コロナウイルスの騒ぎが収束した後になるとみられている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング