Record China

ヘッドライン:

日本が次は「竹島」で挑発?韓国人教授の指摘に韓国ネット危機感

配信日時:2020年2月3日(月) 11時20分
拡大
30日、韓国・東亜日報は、高麗大学の金鉉球名誉教授が「日本が次に取り得る行動は独島(日本名:竹島)挑発だ」との見方を示したと伝えた。写真は竹島。

2020年1月30日、韓国・東亜日報は、高麗(コリョ)大学の金鉉球(キム・ヒョング)名誉教授が「日本が次に取り得る行動は独島(日本名:竹島)挑発だ」との見方を示したと伝えた。

金教授には「金教授の日本談義」などの著書がある。記事によると、金教授はインタビューに対し上記のように述べ「日本が独島付近で武力挑発を行えば、陸軍中心の韓国がまともに対応できると思いますか?」と反問。「武力挑発に備えるべきだ」と主張したという。

また、日本による対韓国輸出規制の強化については「1965年の請求権協定で形成された『日米韓連帯』を、米中の覇権争いにより『反中連帯』に転換する過程で、米国の黙認のもとに韓国を圧迫したもの」だと説明した。さらに「日本は必要な時、わなを仕掛けて待つ」としつつ「韓国人は日本をよく知らないのに過小評価する傾向がある」と指摘。アジア通貨危機当時、日本が韓国から資金を回収したことは「晴天に傘を貸し、雨天に取り返したようなもの。そういうことを経験しても、素材・部品問題に備えることができなかった」と説明したという。

ただ金教授は「近く日本がさらなる報復措置を取る可能性は低い」との見方を示したと、記事は伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国の領土を狙う日本こそ主敵だ」「独島に海兵隊を駐留させよう」「独島に手を出したら本当に戦争になるぞ」「日本には絶対に勝たねばならない宿命だ」など危機を訴えるコメントが多数寄せられている。

その他、「日本が独島に母艦でやって来ても、韓国の対応は『日本は悪いやつだ』と叫ぶだけだろう。歴史歴史と言うだけで、備えなんかしやしない」「日本に対し、韓国は甘い相手ではないということを示さなければいけない。日本は強い者に弱く、弱いものには無慈悲だ。だから力が少し足りなくても、最後まで強気の姿勢を示す必要がある」「韓国は一度やられたらそれを反面教師とするのではなく、何度も同じようにやられる。愚かだ」などの意見も出ている。(翻訳・編集/麻江)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング