Record China

ヘッドライン:

東京・銀座通りから韓国語が聞こえてくる、「韓国人観光客が戻り始めた」と主要紙

配信日時:2020年2月1日(土) 8時20分
拡大
日韓関係の悪化で大幅に落ち込んだ韓国人観光客の来日に変化の兆しが見えつつある。中央日報は「東京・銀座通りから韓国語が聞こえてくる」と報じた。写真は銀座。

日本と韓国の関係悪化で大幅に落ち込んだ韓国人観光客の来日に変化の兆しが見えつつあるようだ。韓国の旧正月連休(1月24~27日)になって日本路線の搭乗率がアップし、日本旅行の需要が回復に転じた。韓国紙・中央日報は「東京・銀座通りから韓国語が聞こえてくる」と報じた。

日本政府観光局が発表した2019年の訪日外国人客数は、前年比 2.2%増の3188万2000人。微増にとどまったのは、日本が半導体材料の対韓輸出規制に踏み切った8月以降、韓国人客が半減する状況が続いたことが主因。韓国人客は558万4600人と前年の753万9000人から26%も減少した。12月も18年同月と比較した韓国人観光客の減少幅は63.6%だった。

こうした傾向が変わったのは年が明けて旧正月になってから。韓国・聯合ニュースによると、釜山・金海空港の旧正月連休中の日本路線の平均搭乗率は69.8%と予想されている。昨年の旧正月連休中の搭乗率(81.1%)と比べると約10ポイント低いが、日本旅行ボイコット運動の影響で平均搭乗率が50%台にまで低下した昨年下半期と比べると大幅に増加した数字だ。航空業界は今年の旧正月連休を起点に日本旅行が上向きになるとみているという。

中央日報は、東京の代表的な繁華街の銀座について「韓国のソルナル(旧暦1月1日)であり土曜日だった1月25日、中央通りでは車両の進入が全面的に遮断される『歩行者天国』制度が実施された。週末と休日の午後は、この歩行者天国によって、外国人観光客や日本の買い物客が車両に邪魔されずに銀座の街をのびのびと楽しむことができる」と説明。「韓日関係の悪化とこれによる日本製品不買運動『ボイコットジャパン』の影響で、しばらく銀座通りでは韓国語を耳にすることはなかった。だが、今年のソル連休に入り、やや雰囲気が変わった」と伝えた。

同紙は、「25日午後2時30分ごろ、デパート『松屋銀座』の周辺50~100メートル程度の短い距離を歩く間、家族あるいは友人単位の韓国人観光客一行が交わす会話が5回も聞こえてきた」と報道。「そろそろおいしいスイーツでも食べに行こうか」「それぞれ自分の時間を過ごして後で落ち合おう。連絡して」「そっちじゃなくてこっちに行かなきゃ」などだったという。

さらに同紙は日本メディアの報道を引用して韓国人に人気の旧正月連休の旅行先は国別で日本が1位で、都市別でも福岡(2位)と東京(7位)、大阪(9位)が10位圏にランクインしている、と言及。韓国観光専門家の「武漢肺炎の直撃を受けた中国、デモが長引いている香港に代わる韓国人の短期滞在旅行先は日本しかなさそうだ」「人の顔色をうかがわなければならない団体旅行は依然として難しいものの、個人自由旅行の場合、日本の観光が復活する可能性が高い」との見方も紹介した。(編集/日向)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング