韓国、5年かけて国宝を復元も亀裂や退色、手抜き工事か―中国紙

Record China    2013年10月10日(木) 15時25分

拡大

9日、韓国の国宝第1号とされる崇礼門が復元工事完了からわずか5カ月で色絵部分に少なくとも7カ所の亀裂や退色が生じ、手抜き工事を疑う声が上がっている。

2013年10月9日、環球時報は、韓国の国宝第1号とされる崇礼門が復元工事完了からわずか5カ月で色絵部分に少なくとも7カ所の亀裂や退色が生じたと伝えた。韓国国内では手抜き工事を疑う声が上がっている。

韓国メディアの報道によると、「材料に問題があった」とする専門家の見解に対し、世論は「完成を急ぎ過ぎたため」と非難の声が大勢を占めている。

国宝第1号に指定された崇礼門は2008年2月に放火によって焼失。5年の時間と276億7000万ウォン(約25億円)を費やし、4万人を動員して復元工事が行われた。今年5月4日の竣工式典は朴槿恵(パク・クネ)大統領が自ら主宰した。

色絵作業の専門家は「湿度と温度の高い夏は色絵作業に適さない。作業が昨年の夏から冬にかけて行われたのが根本的原因」と分析。他の専門家は「完成予定に間に合わせるために盲目的に工事を急いだため」としている。

ネット上でも「崇礼門は数百年もの間壊れなかったのに、現代の工芸技術でなぜ数カ月しか持たないのか」「復元とはいえコピーにすぎない。税金の無駄遣いだ」など疑問の声が上がっている。(翻訳・編集/NY)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携