Record China

ヘッドライン:

英国がファーウェイの5G参入を正式に容認

配信日時:2020年1月30日(木) 10時35分
拡大
現地時間1月28日、英国のポリス・ジョンソン首相が召集した国家安全保障会議で、華為技術(ファーウェイ)による英国5Gネットワーク構築への限定的な参入を容認する決定が行われたことが発表されました。ファーウェイの参入が認められたのは、英国5Gネットワーク構築における「非中核的」部分...
(1/2枚)

 現地時間1月28日、英国のポリス・ジョンソン首相が召集した国家安全保障会議で、華為技術(ファーウェイ)による英国5Gネットワーク構築への限定的な参入を容認する決定が行われたことが発表されました。ファーウェイの参入が認められたのは、英国5Gネットワーク構築における「非中核的」部分となり、その市場シェアの上限は35%とするものだということです。

その他の写真

 BBCの報道によりますと、英国の移動体通信大手4社のうち、3社が非中核部品でファーウェイ製品を採用することを決めたということです。ファーウェイをボイコットする動きについて、ジョンソン首相は14日のインタビューで、「英国の人々には最先端の技術的成果を享受する権利がある」とした上で、「あるブランドへのボイコットをするには、代替の案を示さなければならない」と指摘しました。

 現在、英国を除いて、ファーウェイはスペインやスイス、オーストリア、フィンランドなど10カ国以上の欧州国家と5Gに関する協力を展開しています。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

【CRI時評】中国は自らの優位さを生かし伝染病を全力で防御

中国の習近平国家主席は28日、北京市内で世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長と会談し、我々はこのたびの新型肺炎の感染を阻止する防衛戦に勝利する自信も能力も持ち合わせていると強調した。これに対してテドロス事務局長は、新型肺炎の発生に際して出現した中国の速度、中国の規...

CRI online
2020年1月30日 10時30分
続きを読む

SARSとの戦いの「功労者」 北京小湯山病院が再開へ

北京市郊外の小湯山療養院が、まもなく「小湯山病院」として新型肺炎との戦いの最前線に加わります。 小湯山病院は2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した際にわずか一週間で建設され、多くの患者を収容・診療したことで当時の感染予防と抑制に大きく貢献しました。 その後、療養...

CRI online
2020年1月29日 18時30分
続きを読む

武漢の病院建設ライブ配信 深夜3時にも3000万人が視聴

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐことを目的として、武漢市では現在、新型肺炎の専門病院である「火神山病院」と「雷神山病院」の建設が急ピッチで進められています。その建設現場の様子は、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)傘下の映像アプリ「央視頻」でライ...

CRI online
2020年1月29日 18時25分
続きを読む

【CRI時評】新型肺炎の感染抑制は人権保護を映し出す鏡だ

現在、新型コロナウイルスの感染による肺炎の流行は拡大を続けており、中国の人々は正に心をひとつにして感染拡大と戦っている。だが、少数の西側メディアは中国の「過剰反応」、甚だしくは「人権侵害」だと攻撃している。こうした論法は人権に名を借りて中国を中傷する、基本的な医療倫理観を失った...

CRI online
2020年1月28日 20時30分
続きを読む

王国務委員 WHO事務局長と会談=北京

王毅国務委員兼外交部長は28日北京で、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と会談しました。 テドロス事務局長は「武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が発生してから、中国は史上最短の期間で病原体を突き止め、WHOおよび各国にウイルスの遺伝子配列情報をシェアした」と評価した上で...

CRI online
2020年1月28日 19時20分
続きを読む

ランキング