Record China

ヘッドライン:

新型肺炎拡大の中国でデマ多発、日本に関するものも―中国メディア

配信日時:2020年1月31日(金) 7時40分
拡大
29日、中国中央テレビは、日本政府がチャーター機を用意して武漢から帰国した日本人について、「1人につき1台の救急車が用意された」とのデマが中国のSNS上で拡散したと報じた。資料写真。

2020年1月29日、中国中央テレビ(CCTV)は、日本政府がチャーター機を用意して武漢から帰国した日本人について、「1人につき1台の救急車が用意された」とのデマが中国のSNS上で拡散したと報じた。

CCTVは、中国のSNS上で「日本が用意したチャーター機に乗って帰国した日本人206人は、1人1台の救急車で迎えられた」との情報が流れ、「206台の救急車が用意された」として一部のネットユーザーから「さすがは20年連続でWHO(世界保健機関)から世界最高水準の医療と評価されている国だ」など称賛の声が出たことを紹介した。

その上で、「この情報は事実に反するものだった」と指摘。武漢からチャーター機で帰国した日本人は29日午前11時前に羽田空港に到着したが、同日現場に用意された救急車など緊急車両の台数は全部で21台で、拡散した情報の「救急車206台」よりはるかに少なかったと伝えている。

記事はまた、チャーター機を手配したのは日本政府で間違いないものの、無料で搭乗できたわけではなく、利用者には1人8万円の費用が請求されることになるとした。

新型コロナウイルスの感染拡大への日本政府の対応について、中国のネット上では不確かな情報が拡散している。これまでにも「日本から医療隊1000人が武漢に入る」「日本では国籍に関係なく患者に無料の治療を提供する」といった事実とは異なる情報が流れ、メディアなどが「デマ」であると呼び掛けた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング