Record China

ヘッドライン:

韓国メディアが中国外交部の「日本特別扱い」に不満示す?

配信日時:2020年2月6日(木) 20時50分
拡大
6日、韓国メディア・韓国経済によると、中国外交部の華春瑩報道局長が新型コロナウイルスの防疫物品の支援をした韓国を含む21カ国に感謝の意を示した。写真は武漢。

2020年2月6日、韓国メディア・韓国経済によると、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道局長が5日の定例会見で、新型コロナウイルスの防疫物品の支援をした21カ国を挙げて感謝の意を表明した。記事は、「前日に華局長が日本のみに向けた『特別な感謝』を表明したことと比較対象となり、注目を集めている」とも伝えている。韓国は日本の約2倍の防疫物資を中国に送っているという。

記事によると、華局長は韓国や日本など21カ国から防疫物品の支援を受けたことについて「困難な時の友人が真の友人だ。これらの国々に感謝したい」と述べた。華局長は、この前日には「多くの日本人ネットユーザーが駐日中国大使館のソーシャルメディア(SNS)のコメント欄に応援のメッセージを残したことをどう思うか」という記者の質問に、「支持と理解に感謝し、心に刻む」と答えていた。

記事は、「華局長が公の場で日本に向けて特別な感謝を示すのは異例のこと」とした上で、「韓国が日本に比べ約2倍の救援物資を送っているため、唯一、日本にだけ深い感謝の意を示したことに対して理解を難しくさせた」と報じている。

これを受け、韓国のネットユーザーからは、「記者がした質問に、単純に『ありがたく思っている』と答えたのさ」「記者が質問したのに対し『ありがたい』と言っただけのことなのに、それを記事にする?」「物資を送った国みんなに感謝しているじゃないか」「『韓国の支援に対してどのように考えているか』と質問してはいないよ」「韓国にも感謝していると言っていたじゃないか」「記者さん、この記事を書いた意図は何なの?」などと、日本との比較に冷ややかな声が上がっている。(翻訳・編集/関)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング