Record China

ヘッドライン:

春節の初詣にオススメ!台北随一のパワースポット龍山寺

配信日時:2020年2月1日(土) 0時20分
拡大
日本の正月と同じく、台湾にも今年1年の幸せを願って参拝をする初詣の風習がある。中でも人気のスポットが台北で一番古いと言われている「龍山寺」だ。
(1/8枚)

旧正月の連休も5日目に突入し春節ムードも落ち着いてきた台湾。今年の旧正月は残念ながら雨の日が多く、寒い風と雨が降り続く旧正月となった。また仕事始めとなる木曜からは強烈な寒波がやってくるので在住の人も旅行を予定している人も体調管理にぜひ気をつけてほしい。

その他の写真

日本の正月と同じく、台湾にも今年1年の幸せを願って参拝をする初詣の風習がある。中でも人気のスポットが台北で一番古いと言われている「龍山寺」だ。大晦日の夜には大勢の信者や参拝客が訪れ祈りを捧げるのだが、その様子が毎年の名物にもなっている。年が明けても信仰深い沢山の台湾人がお供えを持って訪れることで有名だ。

ガイドブックには「ご利益のデパート」や「神様のデパート」とも書かれている龍山寺。広い境内には恋愛の神様や学問の神様など、ありとあらゆる神々が祀られている。旧正月のシーズンには大きな干支をモチーフにしたランタンが飾られ、訪れる人を毎年楽しませてくれる。

この丸型のランタンの下をくぐる時に願い事をすると叶うと言われている。雨の日はわりと行列が短いのでオススメ、天気がいい日は長蛇の列ができることも!雨の日は濡れた地面にライトの光があたり幻想的な雰囲気につつまれる。

果物や飴やクッキーなどのお菓子、花などいろいろなお供え物を見られるのも楽しみのひとつ。これらの食べ物は参拝後自分の家に持ち帰ってみんなで食べる人がほとんどだ。

果物は1、3、5などの奇数の個数で備えるのが習わしだが、昨今は数を気にしない人がほとんど、皆思い思いのお供え物を捧げているようだ。ランタンの飾りは小正月にあたる元宵節(2月8日)ごろまで飾られているのでこれから台北旅行を予定している人はぜひ立ち寄ってほしいスポットだ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「春節の初詣にオススメ!台北随一のパワースポット龍山寺」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

ランキング