Record China

ヘッドライン:

専門家「新型肺炎の致死率を海外と比べると中国の医療の力がよく分かる」=ネットでは称賛の声も―中国

配信日時:2020年3月1日(日) 22時10分
拡大
29日、中国メディアの頭条新聞は、新型肺炎の致死率をめぐる中国の専門家の意見を紹介する記事を配信した。写真は中国で行われている検温。

2020年2月29日、中国メディアの頭条新聞は、ウェイボーで、新型肺炎の致死率をめぐる中国の専門家の意見を紹介する記事を配信した。

記事は、復旦大学付属華山医院感染科主任で、上海市医療救治専門家チームのチームリーダーである張文宏(ジャン・ウエンホン)氏が、メディアに対して語った内容を紹介した。

張氏は、「(新型コロナウイルスによる)致死率は中国だけを見るべきではない。患者は重い人もいれば軽い人もいて、若い人から高齢者までいる。われわれは中国と外国を比べればよい。シンガポール、米国、日本の致死率を見てみれば分かる。現在、武漢以外のすべての病院の致死率と日本や韓国の致死率を比べると、1つの答えが出てくる。それは、中国の医療の力量がどれほどのものか、政府が患者を救うためにどれほどの力を投入しているかが分かるということだ」と語った。

これについて、ウェイボーユーザーからは「確かに外国よりずっと強い」「中国の重視する姿勢は他国のずっと先を行っている」「やっぱり中国にいた方が安心」「中国はなんてすごいんだ!とても誇らしい!」などのコメントが寄せられていた。

また、「武漢のデータは参考にならない。データが不正確ですぐに治療を受けられるわけではないからだ」「こういう専門家こそ敬意に値する」という声もあった。

一方で、「政府が言論面にどれだけ投入しているかがよく分かる」という意見や、「不幸をめでたいことに変えることがまた始まったな。真実の状況など全然知らないくせに」など、批判的なコメントも散見された。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

全世界で20種以上の新型肺炎ワクチンが開発中=WHO

スイスのジュネーブで現地時間28日、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が「現在、全世界で開発が進められている新型コロナウイルス感染症のワクチンは20種類以上ある。また、一部の治療法がすでに臨床実験の段階に入り、数週間以内に第一陣の結果が現れる見込みだ」と明らかに...

CRI online
2020年2月29日 18時50分
続きを読む

漢方薬が6万人に投与 効果が顕著=新型肺炎

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者を治療する中、漢方薬が重要な役割を果たしています。国家中医薬管理局が発表したデータによりますと、これまで、6万人以上の患者に漢方薬を投与しています。武漢で実施されている臨床研究によりますと、軽症患者の治療に漢方薬と西洋薬を併用した場合、臨床症...

CRI online
2020年2月23日 12時40分
続きを読む

中国は新型肺炎の治療と感染拡大防止に最大限の努力をしている=WHO

スイスのジュネーブで現地時間18日、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルス肺炎に関する記者会見を開きました。WHOの代表は「中国は患者の治療に最大限の努力を払い、死亡率を低下させることに成功した。中国が取った措置は感染拡大を効果的に阻止した」と述べました。 WHOの健康危機...

CRI online
2020年2月19日 16時0分
続きを読む

ランキング