Record China

ヘッドライン:

米海軍、南シナ海で今年初の「航行の自由作戦」=中国ネット反発「災難で苦しんでいる時に」

配信日時:2020年1月30日(木) 6時50分
拡大
28日、中国軍南部戦区の報道官は談話を発表し、「米海軍の沿海域戦闘艦『モントゴメリー』が25日、中国の南シナ海の南沙諸島近隣海域に無断で進入した」と非難した。資料写真。

2020年1月28日、中国メディアの環球網によると、中国軍南部戦区の李華敏(リー・ホアミン)報道官は28日に談話を発表。「米海軍の沿海域戦闘艦『モントゴメリー』が25日、中国の南シナ海の南沙(英語名:スプラトリー)諸島近隣海域に無断で進入した」とし、「中国伝統の新春祝日期間に挑発をたくらむ、赤裸々な航行覇権行為だ」などと非難した。

環球網は、「ジャパンタイムズによると、この航海は今年最初の『航行の自由作戦』になるとみられている」と伝えた。

これについて、中国のネット上では「恥知らずな米国が、航行の自由の看板を掲げてまたやって来た」「中国が災難で苦しんでいる時に、自称民主主義国家の米国は挑発を仕掛けてくる。人でなしのならず者にしかできない行動」「中国には『井戸に落ちた人を助けないばかりか石を投げ込む』という言葉がある。米国の行動はまさにそれ」などと反発一色だった。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

緊迫の度増す南シナ海、「中国が核ミサイル原潜配備」と海外メディア、米国は「航行の自由作戦」で対抗

南シナ海で米中のせめぎ合いが緊迫の度を増している。海外メディアは「中国が核ミサイル搭載の原子力潜水艦を配備」と報道。米国は中国が実行支配下の置く島しょ周辺で「航行の自由の作戦」を繰り返している。写真は中国海軍。

Record China
2019年5月12日 7時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング