Record China

ヘッドライン:

【動画】武漢市帰りで発熱の男性、医療スタッフの対応に立腹しわざとせきをかける―中国

配信日時:2020年1月30日(木) 0時20分
拡大
28日、観察者網は湖北省孝感市で、発熱して病院を訪れた男性が職員の対応に腹を立て、窓口の担当者に向けてマスクを外し故意にせきをするトラブルが発生したと報じた。

2020年1月28日、中国メディアの観察者網によると、湖北省孝感市で発熱して病院を訪れた男性が職員の対応に腹を立て、窓口の担当者に向けてマスクを外し故意にせきをするトラブルが発生した。

同市婦幼保健院で27日午後、黒い服を着た男が赤い服の女性とともに窓口を訪れた。この男性は同省武漢市から戻ってきた際に発熱し、孝感市中心医院で治療を受けたもののはっきりとした診断結果が出ず。同保健院を訪れて薬を受け取ろうとしたところ、職員から「薬はない」と言われて腹を立て、マスクを外して窓口の職員めがけてわざとせきをした。

現場の様子を撮影した動画では、男性がポケットから白い紙を取り出した後、マスクを外してせき込み、さらに窓口の職員2人にそれぞれ浴びせるようにせき込む様子が写っていた。せきを浴びせられた職員2人は、慌ててその場から離れた。

記事はまた、関係者の話として「警察がすでに捜査に乗り出している。今のところ職員の身体への影響は出ていない」と伝えた。

このトラブルについて、中国のネットユーザーは「もはや救いようがない」「公共の安全に危害を与えた罪で刑務所に入れるべき」「こういうビッグベイビー症候群にお仕置きをするには、シンガポールのようなむち打ち刑が一番」「発熱して婦幼保健院に行くなんて、その時点でわざとウイルスを拡散させようとしている」といった批判を続々と寄せている。(翻訳・編集/川尻

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング