Record China

ヘッドライン:

新型肺炎、中国への支持に「感動」、侮辱や差別には「断固反対」―中国外交部

配信日時:2020年2月4日(火) 13時20分
拡大
中国外交部の華春瑩報道局長は3日の定例会見で新型コロナウイルスに関する記者からの質問に答えた。

中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道局長は3日の定例会見で新型コロナウイルスに関する記者からの質問に答えた。

会見では記者から「最近、一部の国では中国の新型コロナウイルスによる肺炎の流行によってパニックに陥り、侮辱的、差別的な発言まで出てきている。これについてコメントは?」という質問が出た。

これに対し、華報道局長は「ウイルスには心はないが、人間にはある。この度のウイルスの流行に関して、連日多くの国々の政府役人や各界の名士らが中国に同情や信頼、支持を寄せてくれている。中には大変感動するような言葉や行動もたくさんある。われわれはこれを忘れない」と述べた。

一方で、「最近、個別の国やメディアで極端かつ非理性的な言論があることにも気付いている。われわれはこれに断固反対する」とし、「世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、『恐怖ではなく事実が、デマではなく科学が、侮辱ではなく団結が必要な時だ』と強調している」と訴えた。

さらに、「われわれは国際社会に対し、理性や冷静さを持ってウイルスの状況を認識し、科学的で適切な対応を行うことを望んでいる。中国は引き続き透明かつ責任ある姿勢で各国との協力を強化し、中国人民の声明と安全、健康を守ると同時に、地域と世界の公共衛生の安全に貢献していきたい」と述べた。

なお、同日の会見は新型コロナウイルスの流行を受け、初めて中国のSNS・微信(WeChat)を介して行われた。(翻訳・編集/毛利)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング