Record China

ヘッドライン:

空港閉鎖で立ち往生の中国人観光客にオーバーステイの罰金免除―タイ

配信日時:2020年1月29日(水) 5時40分
拡大
タイ移民局は26日、新型コロナウイルス発生の影響で帰国便が取り消された中国人観光客について、オーバーステイの罰金の支払いを免除すると発表した。写真はタイ・バンコクの中華街。

タイ移民局は26日、新型コロナウイルス発生の影響で帰国便が取り消された中国人観光客について、オーバーステイの罰金の支払いを免除すると発表した。27日付で中国メディア・光明網が伝えた。

記事によると、ウイルスの発生源となった武漢市が位置する湖北省で一部の空港が一時閉鎖されたことにより、タイ国内の空港では帰国手段をなくした多くの中国人観光客が立ち往生している。

この状況を受け、タイ移民局は同国の入局管理法に基づき、該当する観光客のオーバーステイに関わる罰金の支払いを免除するとの決定を下した。通常時、タイでのオーバーステイに対する罰金は2万バーツ(約7万800円)を上限に、1日ごとに500バーツ(約1800円)と定められている。

また、タイ高等教育科学研究イノベーション省は同国内で留学中の中国人学生について、春節期間に帰国した場合は中国国内で最低2週間滞在するよう促している。帰国しなかった中国人留学生についても、中国からタイに入国したばかりの人との接触を避け、集会などの活動を控えるよう求めている。(翻訳・編集/岩谷)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング