Record China

ヘッドライン:

3年前のドラマが新型肺炎を予言? 脚本家「ドラマに過ぎない」―中国メディア

配信日時:2020年1月28日(火) 12時20分
拡大
27日、健康時報は、中国で感染が拡大している新型コロナウイルスの状況が、以前放送された医療ドラマの内容に酷似していることについて、脚本家のコメントを紹介する記事を掲載した。

2020年1月27日、健康時報は、中国で感染が拡大している新型コロナウイルスの状況が、以前放送された医療ドラマの内容に酷似していることについて、脚本家のコメントを紹介する記事を掲載した。

記事は、2017年に放送された医療ドラマ「急診科医生」の中で取り上げられた新型ウイルスの症状や現在の感染状況が、新型コロナウイルスによる肺炎の現状と非常に似ており、病名まで同じであることがネット上で注目を集め、「神予言」と称賛されていると紹介した。

また、同作品の脚本家の微博アカウントには多くのネットユーザーから「すごい予言ですね」「解決方法を教えてほしい」「現在のコロナウイルスの状況についてどう思いますか」といったコメントが続々と寄せられたとしている。

そのうえで、健康時報の記者が27日に脚本家を連絡をとったところ、脚本家本人は「テレビドラマの一作品に過ぎないので、実際の問題は解決できない」との返答があったと伝えた。

なお、この脚本家によれば、ドラマの脚本を作る際にリアリティーや細かい部分の検証のためにSNSを利用し、知り合いの医師らにチェックをしてもらっていたという。この作業が「神予言」と言われるようなリアリティーある作品を生む一員になったようで、脚本家は「脚本作りは知識の蓄積と絶え間ない学びの過程だ」と語っているとのことだ。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング