日本の学校が保護者に宛てた手紙に中国ネット感慨=「敬服せざるを得ない」「人生観にものすごく大きな差」

Record China    2020年2月3日(月) 17時0分

拡大

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、日本の学校で保護者に配布された手紙が中国版ツイッター・微博で紹介され、大きな注目を集めている。写真は日本のドラッグストア。

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、日本の学校で保護者に配布された手紙が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介され、大きな注目を集めている。

中国誌「三聯生活週刊」の微博アカウントは2月2日、手紙の画像を掲載し、その内容の一部を中国語に翻訳して紹介した。手紙は日本国内の学校が保護者に宛てたものとみられ、新型コロナウイルスについて、中国や世界各国で感染が報告されていること、インフルエンザと同様にうがいや手洗い、マスクの着用が予防に有効であることが記されている。

さらに、「情報の広まりとともに、中国や武漢市に関わりのある人々への差別が懸念されます」とし、家庭で子どもと会話をする際に“正しい人権意識”が形成されるよう配慮を求めている。

この投稿には3日正午の時点ですでに5500を超えるコメントと、15万を超える“いいね”が付いており、シェアされた回数も3万回を超えている。

コメント欄には、「大国の風格だ」「敬服せざるを得ない」「『正しい人権意識』。素晴らしい」「この差は経済だけじゃ埋められないな」「人生観にものすごく大きな差」「中国とは比べようもない」「差が大きい。私たちの国は多分まだ恨みの教育だろう。まだ抗日神ドラマを流しているからな」「教育の差だ。国の実力は人によって決まる。人数ではなく、素養によってだ」「(日本は)支援物資を送ってくれた上に、中国人を差別するなと呼び掛け。非の打ち所がない」など、自国と比較して称賛する声が並んだ。

新型コロナウイルスをめぐっては、中国のメディアやネット上で日本政府や民間の対応を称賛する声が相次いでいる。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携