Record China

ヘッドライン:

日本の民間からマスク100万枚、中国ネット感謝=「日本も必要だろうに…」

配信日時:2020年1月27日(月) 18時30分
拡大
26日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、日本の民間から寄付されたマスク100万枚が四川省の成都空港に到着したと報じた。

2020年1月26日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、日本の民間から寄付されたマスク100万枚が四川省の成都空港に到着したと報じた。

記事は「日本の民間支援によるマスク100万枚を乗せた四川航空の航空便が成都双流国際空港に到着し、現在物資はトラック輸送により湖北省武漢市へと運ばれている」と伝えた。

そして、中国国内で新型コロナウイルス関連肺炎の感染拡大によってマスクなどの伝染防止用物資が不足している中、日本の民間人が大量のマスクを寄贈してくれたと説明している。

日本からのマスクの「差し入れ」に対して、中国のネットユーザーは「愛に国境はない。どうもありがとう」「改革開放以来、中国に最も多額の資金を援助してくれたのは日本。日本人よ、どうもありがとう」「日本だってこれから花粉症でマスク需要が増えるだろうに、送ってくれてありがとう」といった感謝の言葉を多く寄せた。

その一方で、台湾政府が台湾内のマスク確保を目的として1カ月のマスク輸出規制を発表したことに関連して、「重要な時には、日本は台湾より良知があると思う」「日本人の方が人情味がある」といったコメントも少なからず見られた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング