Record China

ヘッドライン:

文大統領の雰囲気が「まるで違う」、今回は苦悩の旧正月に?

配信日時:2020年1月24日(金) 14時10分
拡大
24日、韓国・ノーカットニュースは「文大統領が就任後3回目の旧正月を迎えた」とし、「過去2回の時とは雰囲気が違う」と伝えた。写真は文大統領と金正淑夫人(韓国大統領府Facebookアカウントより)。

2020年1月24日、韓国・ノーカットニュースは「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任後3回目となる旧正月連休を迎えた」とし、「過去2回の時とは雰囲気がまるで違う」と伝えた。

記事によると、文大統領が就任翌年に迎えた2018年の初めての旧正月連休は、平昌五輪をきっかけに南北和解ムードが漂う中、南北関係改善に対する期待が高まっている時期だった。昨年の旧正月連休も、2回目の米朝首脳会談を前に朝鮮半島の非核化と恒久的平和政策についての具体的な成果が期待されている時期だったという。

しかし現在の韓国は、文大統領が就任直後から進めてきた権力機関の改革作業をめぐり与野党が激しい意見対立を起こしている上、4月の総選挙を前に陣営間の対立も最高潮に達している時期だという。さらに、昨年2月の米朝首脳会談以降にこじれた米朝対話も再開の兆しがまったくみられていない。

そのため文大統領は、連休前半に例年通り帰省客へのあいさつを行った後は特に予定を入れず、国内外の懸案や今後の国政運営について「深く苦悩する」とみられているという。

これに韓国のネットユーザーからは「義理堅い大統領だ」「初心に戻って粘り強く頑張ってほしい」など応援の声が上がっている。

一方で「どうせ考えるのは北朝鮮のことばかり」「今にも死にそうな国民のことは眼中にないのだろう」など冷ややかな声も。

また、文大統領への要望としては「韓国経済を生き返らせて」「国民の一番の願いは経済の回復と外交孤立の解消だ」「とりあえず住宅価格を抑えよう。庶民の票を得るにはそれが最善策」などが見られた。(翻訳・編集/堂本

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング