Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】中国には伝染病との戦いに勝利する自信と能力がある

配信日時:2020年1月23日(木) 10時55分

中国・湖北省武漢市で最近になり発生したコロナウイルスによる肺炎は、感染拡大の様相を示している。中国政府は大衆の生命の安全と健康のために、適時・公開・透明の原則に基づいて流行の抑止を行い、国際協力を強化し、試練への対応を沈着に進めている。中国政府は国内の大衆の健康と全世界の衛生面での安全について、しっかりと責任を負う態度を示している。

 武漢市内で昨年12月30日にウイルス性肺炎が初めて発生した際、中国政府はただちに現地に人員を派遣し、感染の拡大防止を支援した。そして、わずか1週間余りで病原体が新型のコロナウイルスと突き止められたことで、流行の拡大を阻止するための貴重な時間を勝ち取ることができた。中国は病気流行の状況を透明に情報公開し、世界保健機関(WHO)と密な連絡を保ち、関係する国や香港・マカオ・台湾地区に関連情報を速やかに通報している。ハーバード大学医学大学院伝染病科のエリック・ルービン主任は、中国政府の新型コロナウイルスによる肺炎に対応する行動は極めて高い信頼性があり、中国が取得した情報を公開していることは、全世界におけるこの病気に対する研究を助けていると表明した。

 ウイルス、病原菌あるいは寄生虫がもたらす多くの伝染病は、人類社会が直面する公衆衛生上の重大な問題だ。同時に、人類の伝染病流行に対応する能力は絶えず向上している。新たな伝染病の発生には「鉄壁の守り」で対応せねばならないが、過度に恐れる必要はない。中国政府と民衆は、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)以来確立された、突発的に新発生した伝染病に対する予防と抑止のシステムに基づき、また新型インフルエンザ(H1N1)など公衆衛生上の重大な事態への対応で蓄積した実践経験に基づき、さらに上から下までが心を一つにした全力の支持に基づき、開放的な国際交流と協力に基づき、この伝染病との戦いに勝利する自信と能力を有している。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】「逆流」は経済のグローバル化の趨勢を止められない

2020年の世界経済フォーラム年次総会がスイスのダボスで開幕し、全世界117の国と地域から3000名近くが参加した。世界経済が後退リスクに直面し、多国間主義と自由貿易が課題に見舞われていることを背景に、グローバリゼーションがどこへ向かうのかが、自ずとフォーラムの関心事となってい...

CRI online
2020年1月22日 11時20分
続きを読む

習総書記、昆明で全国各民族に新春の祝福

 雲南省を視察している習近平総書記は20日午後、昆明国際会議展覧センターを訪れ、旧暦の正月・春節を迎えるために開かれている市場や国内外見本市を視察し、市民と交流しました。 習総書記は、「子年を迎えるにあたり、全国の人民、香港・マカオの同胞、台湾同胞、海外で暮らしている華僑らに、新...

CRI online
2020年1月22日 10時5分
続きを読む

旧正月年越し番組「春晩」が技術力で視聴の宴を制作

  21日付の「参考消息」によりますと、ロシアのメディアは中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の旧正月年越し番組「春晩」について、「技術をもって視聴の宴を作り上げている」と評価しています。 ロシアの通信社RIAノーボスチは17日、「CMGの2020年春節聯歓晩...

CRI online
2020年1月21日 16時55分
続きを読む

【CRI時評】間もなくダボス会議、中国は引続き経済グローバル化に貢献へ

 2020年の世界経済フォーラム年次総会が間もなく、スイスのダボスで行われる。中国の習近平国家主席は3年前、ダボスでの基調講演で、「世界を悩ます問題を単に経済グローバル化に帰することは、事実に合致しないだけでなく、問題解決にも役立たない」と論断し、「経済グローバル化によるチャンス...

CRI online
2020年1月21日 12時30分
続きを読む

2020年春晩、4回目のリハ終了

 旧暦の正月・春節が近づくにつれて、中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)が製作する恒例の年越しテレビ番組「春節聯歓晩会(春節の夕べ)」(略称「春晩」)に世界中で暮らしている中国人からの注目が高まっています。CMGは20日に4回目のリハーサルを行いました。 「春...

CRI online
2020年1月21日 12時5分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング