Record China

ヘッドライン:

新型肺炎が春節の映画館に大きな打撃!映画関連株は軒並み下落、“お正月映画”も苦肉の対策

配信日時:2020年1月23日(木) 21時0分
拡大
中国・湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大により、春節シーズンを目前に控える映画業界には、早くも大きな影響が出始めている。
(1/4枚)

中国・湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大により、春節シーズンを目前に控える映画業界には、早くも大きな影響が出始めている。

その他の写真

23日未明には中国での感染者数が500人を超えたと報じられている新型のコロナウイルス。発生地となった武漢市では航空便や鉄道をはじめ、バスや地下鉄の運行停止も発表されている。人が多く集まる場所を回避するよう、ネットでも盛んに呼び掛けが行われる中、映画業界への影響も拡大。今月20日には映画館チェーンのワンダー・フィルム(万達電影)はじめ、映画制作大手の中国電影集団(China Film )や歓喜伝媒体(Huanxi Media)といった代表的な企業の株価が、前日終値より6~9%も下落。10%を超える下げ幅の企業も現れた。

中国は今月25日から「春節」こと旧正月シーズンを迎える。この期間は年3回ある映画のかき入れ時でも最大とされ、元旦だけで毎年約3000万人が映画館へ足を運び、7日間で1億3000万人を動員するという巨大市場だ。

その春節市場を直撃する形となった新型コロナウイルスだが、話題作の1つである中国映画「囧媽」はもともと25日に封切り予定だったが、今月20日には1日早めて24日の封切りを発表。人気アニメ映画のシリーズ最新作「熊出没・狂野大陸」や、女子バレー中国代表の歩みを描く「奪冠」といった注目作も同じく前倒しを発表しており、状況がさらに悪化する前に、1日でも早く公開して収益を得ようとする動きが見られている。(Mathilda

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング