Record China

ヘッドライン:

日本車のエアバッグに問題?トヨタ、ホンダが米国で400万台以上リコール―中国メディア

配信日時:2020年1月24日(金) 6時40分
拡大
22日、環球網は、トヨタ、ホンダと日本メーカーによる米国でのリコールが相次ぎ、対象台数が400万台を超えたと報じた。

2020年1月22日、環球網は、「エアバッグに問題?」と題する記事を掲載。トヨタ、ホンダという日本メーカーに米国でのリコールが相次ぎ、対象台数は400万台を超えたと報じた。

記事は米複数メディアの報道として「日本の2大自動車メーカーであるトヨタとホンダが数百万台規模のリコールを行っており、そのうち米国地域のリコール台数は400万台を超えた。リコールの原因は、エアバッグとシートベルトの欠陥である」と伝えた。

そして、トヨタが米国時間21日に世界で340万台、米国で290万台のリコールを発表し、声明の中で「発生した問題は衝突センサーから信号を得てエアバッグの開放やシートベルトの締め付けをするための電子制御ユニットが関係しており、事故で発生し得る電気ノイズによりユニットが十分に働かない可能性がある」と説明したことを紹介している。

また、ホンダも同日に米国で240万台、カナダで30万台のリコールを発表し「1996~2003年に生産したアキュラのエアバッグ用エアポンプについて、必要なシール部品が正確に取り付けられておらず、故障する可能性がある」としたことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本企業に再び不祥事発生、中国も教訓に

 日本では先日、日産自動車の西川廣人社長が不正に報酬を受け取っていた問題が発覚し、本人が今月16日付で辞任することを発表しました。日産自動車では、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告に続き、再びトップが降板する事態となりました。 振り返ってみれば...

CRI online
2019年9月11日 18時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング