Record China

ヘッドライン:

韓国外交部、中国・武漢への旅行警報を「自粛」から「撤収勧告」に引き上げ―韓国メディア

配信日時:2020年1月26日(日) 13時10分
拡大
25日、韓国外交部は、新型コロナウイルスによる肺炎が多発している中国湖北省武漢市について、旅行の自粛を求める「黄色警報」から撤収を勧告する「赤色警報」に引き上げた。写真は武漢市内の病院。

2020年1月25日、韓国・聯合ニュースの中国語版サイトによると、韓国外交部は同日、新型コロナウイルスによる肺炎が多発している中国湖北省武漢市について、旅行の自粛を求めるレベル2の「黄色警報」から撤収を勧告するレベル3の「赤色警報」に引き上げた。

韓国外交部は、武漢市に滞在している国民は特別かつ緊急の公務でもない限り早急に撤収すべきとし、また同地への旅行を計画している国民はキャンセルまたは延期するよう呼び掛けた。

韓国政府は藍色(旅行留意)、黄色(旅行自粛)、赤色(撤収勧告)、黒色(旅行禁止)の4段階の旅行警報を設けている。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング