Record China

ヘッドライン:

陝西省西安市は「顔パス」で地下鉄乗車が可能に

配信日時:2020年1月22日(水) 22時10分
拡大
陝西省西安市の地下鉄で今月21日、顔認証システムを採用した自動改札機の導入が正式にスタートした。
(1/2枚)

陝西省西安市の地下鉄で今月21日、顔認証システムを採用した自動改札機の導入が正式にスタートした。乘客はアプリ・智恵行をダウンロードしてログインし、顔認証システムによる乗車機能の設定を済ませておけば、「顔パス」で地下鉄に乗車できる。中央テレビニュースが報じた。

その他の写真

顔認証システムによる乗車機能を利用する乘客は、改札口に設置されている顔認証設備で顔を認証すれば、改札口を通過して地下鉄に乗ることができる。同システム導入で、乘客が地下鉄に乗車する際のテクノロジー体験感やスピード感が全面的に向上した。現在、西安地下鉄の1、2、3、4号線の全線で既に顔認証システムが導入されている。

西安地下鉄の顔認証システムの技術責任者・厳軍氏によると、現在、普通の改札機の場合、1分間に通過できる乗客の数は18‐20人であるのに対して、顔認証システムを導入した改札口の場合、1分間に24‐25人通過することができるという。(編集KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング