Record China

ヘッドライン:

旧正月前の台北のスーパーマーケットをレポート

配信日時:2020年1月23日(木) 19時20分
拡大
選挙も終わり、旧正月まで、あと少し。今回は一気に旧正月ムードに突入した街の大型スーパーから旧正月の様子をレポートしよう。
(1/7枚)

選挙も終わり旧正月に向けたムード満載の台湾。今年の旧正月は珍しく1月にやってくる為、準備も非常に慌ただしい印象だ。連休が少ない台湾では旧正月の連休に日本をはじめとする海外に旅行する人が非常に多い。

その他の写真

また、南部や中部に故郷がある台湾人は旧正月前に台北を離れ、新幹線や長距離バスなどで里帰りをする。 東京と同じように地方から移り住む人が多い台北は旧正月になると街を出歩く人々の数が一気に減り、いつもと違った雰囲気が味わえる。今回は一気に旧正月ムードに突入した街の大型スーパーから旧正月の様子をレポートしよう。

ネズミ年の今年は子供達が喜ぶミッキーマウスのデザインのものが多い。日本と違う点は成人を迎えた子供が両親に紅包(お年玉)をあげたり、子供に習い事をさせている家庭は先生にあげることもある。

台湾では旧正月シーズンに赤い下着をつけるとその年の運が良くなると言われている。ただこの風習は年々薄れている傾向にあり、以前より多くは見られなくなった。また下着以外にも、旧正月には赤い服を着る人も多いが、若者は「赤い服を着ていないとおばあちゃんに怒られる」等、迷信を信じる年配者の目を気にして、親戚と会う際には渋々着るという人も多いようだ。

年末年始に贈り物をするのも大切な風習。中でもりんごは中国語名の一部が「平安」の「平」の文字と同じ発音になるので1年の平安を祈る意味でも重宝されている。

台湾の旧正月に欠かせない年菜、近年では日本と同じように手作りをせずに出来合いのものを買う人が非常に増えている。中でも有名レストランプロデュースのものや有名シェフとのコラボなど、味にこだわった年菜のセットが人気だ。

年に1度の大切なイベントである旧正月まであとわずか!この時期に台湾旅行を計画している人はなかなか味わえない雰囲気が楽しめるだろう。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「旧正月前の台北のスーパーマーケットをレポート」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

ランキング