Record China

ヘッドライン:

感染源になること恐れ、武漢市民の間で旅行キャンセルの動き―中国紙

配信日時:2020年1月23日(木) 6時50分
拡大
22日、中国紙・新京報によると、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中国湖北省武漢市では、市民の間で自発的に旅行などを控える動きが出ているという。写真は武漢市内。

2020年1月22日、中国紙・新京報によると、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中国湖北省武漢市では、市民の間で自発的に旅行などを控える動きが出ているという。

専門家から「不要不急の外出は控えて」との呼びかけがあったことを受け、武漢では、飛行機や列車などのチケットをキャンセルし、自宅で春節(旧正月)を過ごすことに変更する人が増えている。

家族と広東省の珠海に出かける予定だったという女性は、「武漢を離れたほうがより安全かもしれない。だけど他の人に迷惑をかけることになる」と話しているという。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング