Record China

ヘッドライン:

中国外交部、新型コロナウイルス対策で国際社会と連携したい

配信日時:2020年1月22日(水) 14時10分
拡大
中国外交部の耿爽報道官は21日の定例記者会見で、中国側が世界保健機関の関係会議に出席することを明らかにしたうえで、国際社会と連携して新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策を講じたい考えを表明した。

中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は21日の定例記者会見で、中国側が世界保健機関(WHO)の関係会議に出席することを明らかにしたうえで、国際社会と連携して新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策を講じたい考えを表明した。

【耿報道官】北京時間22日夜、中国側はWHOの招待を受けて、感染の影響を受けている他の国々と共に国際保健規則(IHR)の緊急委員会会議に出席する。参加各国、WHO及び専門家と感染状況の情報を共有するとともに、感染状況について科学的な判断をする。

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が生じた後、中国政府はこれを非常に重視し、感染の予防・抑制活動の全面的な手はずを整えた。

公開し、透明で、全世界の衛生上の安全に強く責任を負う姿勢に基づき、中国側の関係当局は直ちにWHO、関係国及び香港・マカオ・台湾地区に感染状況の情報を通知し、新型コロナウイルスの遺伝子配列情報を共有した。

中国側は引き続き国際協力を深め、国際社会と連携して新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策を講じ、地域と全世界の衛生上の安全を共に守りたい。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング