Record China

ヘッドライン:

どれがおススメ?中国で春節期間中に映画10作品が一斉に公開!

配信日時:2020年1月21日(火) 13時0分
拡大
近年、映画館に行って映画を見る人が増加しているのを背景に、春節に家族で映画館に行くというのが、多くの人にとって「恒例行事」となっている。
(1/3枚)

2013年から2019年の7年の間に、中国の春節(旧正月、今年は1月25日)当日の映画興行収入は1億元(1元は約16円)から14億元規模に拡大した。このように市場の見通しが非常に明るいため、多くの映画が春節に合わせて公開されるようになっている。そして、近年、映画館に行って映画を見る人が増加しているのを背景に、春節に家族で映画館に行くというのが、多くの人にとって「恒例行事」となっている。

その他の写真

今年の春節には、「唐人街探案3(僕はチャイナタウンの名探偵3)」、期待のアニメーション映画「姜子牙(LEGEND OF DEIFICATION)」、俳優の彭于晏(エディ・ポン)が主演の「緊急救援(Rescue)」、俳優の徐崢(シュー・ジェン)が主演の「■媽(ロスト・イン・ロシア、■は国がまえで上に八、下に口の下線なし)」、幅広い年齢層の人が楽しめる陳可辛(ピーター・チャン)監督の新作「奪冠(中国女子バレー)」、成龍(ジャッキー・チェン)が主演の「急先鋒(Vanguard)」など映画10作品が公開されることが確定しており、競争は非常に熾烈だ。

春節に合わせて公開されることが決まっている10作品を見ると、シリーズの映画作品が多いことに気付くだろう。例えば、「僕はチャイナタウンの名探偵」シリーズの第三弾「僕はチャイナタウンの名探偵3」では、俳優の王宝強(ワン・バオチャン)と劉昊然(リウ・ハオラン)が引き続きコンビを組み、舞台を東京に変えて事件の真相に迫る。「緊急救援」は、林超賢(ダンデ・ラム)がメガホンを取った商業大作映画。林監督はこれまでにも、「▲公河行動(Operation Mekong、▲はさんずいに眉)」、「紅海行動(オペレーション・レッド・シー)」などを制作し、いわゆる「主旋律」の商業大作映画分野でブランドを築いてきた。2010年のコメディ映画「人在■途(ロスト・イン・ジャーニー)」を皮切りに始まった「ロスト・イン・○○」シリーズは、2013年に第二弾「人再■途之泰■(ロスト・イン・タイ)」を公開。今年の春節にはシリーズ第三弾の「ロスト・イン・ロシア」が公開される。「姜子牙」は、アニメーション映画製作会社・彩条屋影業の「封神宇宙」シリーズ第二弾。シリーズ第一弾の「ナタ~魔童降臨~(原題:哪吒之魔童降世)」の興行収入は49億7000万元に達した。

「僕はチャイナタウンの名探偵」シリーズはその第一弾と第二弾が大ヒットし、主演の王宝強や劉昊然の探偵コンビのイメージも確立されている。第三弾では、その名コンビが舞台を東京に移して難事件を解明する。また、妻夫木聡演じる日本人探偵・野田昊、トニー・ジャー演じるタイ人探偵・傑克賈が探偵仲間に加わり、一緒に事件を解決していく。

2012年に第一弾が公開され大ヒットした徐崢が主演の「ロスト・イン・○○」シリーズは、中国の代表的なコメディ映画となっている。今回公開される「ロスト・イン・ロシア」は、が夫婦の危機や仕事上のトラブルなどを抱えるようになっていた事業経営者の徐伊万がひょんなことで母親と一緒にロシアに向かう列車に乗る物語。同作品について、徐崢は、「コメディの要素だけでなく、中国の家庭、ぶつかり合う母と息子なども描写された映画。この映画を見た人は、家に帰ってから母親にハグしてほしい」と語る。

夏に公開され大ヒットした「ナタ~魔童降臨~」のエピローグでは、「姜子牙」に関する情報が描かれていたため、多くの人が同作品の公開を首を長くして待っていた。「ナタ」と同じく、映画「姜子牙」でもキャラクターのイメージが大胆に変えられている。姜子牙は、白髪で高齢の「仙人」という従来のイメージの殻を破り、イケてるおじさん「イケおじ」キャラで登場する。

このように全く新しいストーリーを描く数多くの春節映画がたくさんの人を楽しませることになるに違いない。(編集KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング