新型肺炎、医療従事者15人が感染、うち1人は重症―武漢市

Record China    2020年1月21日(火) 11時10分

拡大

中国湖北省武漢市の衛生健康委員会は21日、武漢市内でこれまでに医療従事者15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

中国湖北省武漢市の衛生健康委員会は21日、武漢市内でこれまでに医療従事者15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

発表によると、このうち1人が重症、その他の感染者の容体は安定しているという。また、このほかに感染の疑いがある医療従事者が1人いる。いずれも隔離治療を受けているという。

中国での関心は高く、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングでは21日午前10時現在、「武漢で15人の医療スタッフが新型コロナウイルスに感染」がアクセス数で2位に2倍近い差をつけてトップとなっている。

武漢市で発見された新型コロナウイルスによるとみられる肺炎は、20日現在、北京市や上海市、広東省などでも感染者を確認。国外ではタイや日本、韓国で感染者が確認されている。(編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携