Record China

ヘッドライン:

大英博物館で日本の「春画」が初展示=英教授「芸術でありポルノとは違う」と絶賛=―香港メディア

配信日時:2013年10月3日(木) 1時3分
拡大
2日、香港・明報によると、大英博物館で3日から日本の性愛を描いた「春画」150点あまりが展示されることとなった。資料写真。
(1/2枚)

2013年10月2日、香港・明報によると、大英博物館で3日より日本の性愛を描いた「春画」150点あまりが展示されることとなった。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

春画は、日本の鎖国時代に発展した。多くは木版画で、16〜18世紀にかけて描かれている。男女の情事のほかに、同性愛を描いたものもあるという。描写が露骨な作品もあるため、16歳以下の入場は制限される。

過去、多くの美術館は、春画がわいせつ物にあたるとして展示を拒否してきたが、近年、この種の芸術が徐々に受け入れられつつある。

立命館大学の石上阿希博士は、春画は一種の芸術で普通のポルノとは違うと評価、「当時は多くの女性の性教材としても用いられた」と話す。

ロンドン大学のアジア・アフリカ研究所のタイモン・スクリーチ教授は、これらの春画の中に完全な裸体が描かれたものが少ないことについて、「ギリシャ式の美感とは異なり、東洋の国では衣服で包まれた体をより美しいと感じるようだ」と解説している。(翻訳・編集/北田

関連記事

ランキング