Record China

ヘッドライン:

小泉進次郎氏の育休、共働き多い中国ではどう見る?

配信日時:2020年1月17日(金) 15時0分
拡大
小泉進次郎環境相は17日、第1子となる男児の誕生を明らかにした。15日に発表した育児休暇取得は中国でも伝えられ、ネットユーザーからはさまざまな声が上がった。資料写真。

小泉進次郎環境相は17日、第1子となる男児の誕生を明らかにした。15日に発表した育児休暇取得は中国でも伝えられ、ネットユーザーからはさまざまな声が上がった。

中国メディア・澎湃新聞の微博(ウェイボー)アカウントは16日、「38歳の小泉環境相が15日、子どもが誕生した後の3カ月で通算2週間の育児休暇を取得すると表明した。育休を取得する初の(現役)大臣となる」と紹介。紅星新聞は米メディアの報道として「(育休取得の)決定はただちに熱い議論を呼んだ」とし、日本の男性の育休取得率の低さや、「育児休暇を取ったために不当な扱いを受けた」という指摘があることを伝えた。

小泉環境相の育休取得をめぐり、共働き家庭の多い中国のネットユーザーからは「良いと思う。日本社会に向けたお手本になる」「出産を奨励する上で必要な政策だ」「給料は通常通り支払われるの?」「全ての人に育休を強制的に取らせれば良いと思う。そうなれば少なくとも人材募集時の差別はなくなる」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

交代したくない安倍首相―米華字メディア

3日、米華字メディア・多維新聞は、安倍晋三首相が実施した内閣改造は自身の後継者を育てるためのものではなく、自らの悲願を達成させるためのものであるとする評論記事を掲載した。写真は安倍首相。

Record China
2019年10月7日 5時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング