Record China

ヘッドライン:

日韓経済摩擦、どちらの傷がより深い?―中国メディア

配信日時:2020年1月17日(金) 12時20分
拡大
15日、中国誌・新民週刊は、日本と韓国の経済摩擦によってどちらがより大きなダメージを受けたかについて考察する記事を掲載した。写真はソウル。

2020年1月15日、中国誌・新民週刊は、日本と韓国の経済摩擦によってどちらがより大きなダメージを受けたかについて考察する記事を掲載した。

記事は、昨年7月に日本と韓国の間で貿易戦争が勃発してから半年が経過した現在の状況について「いわばけんか両成敗だが、日本の方が傷は深い」とした。

まず、観光業では訪日韓国人観光客が訪韓日本人観光客よりも大幅に減少したと指摘。韓国経済研究院が、昨年第3四半期に韓国人観光客の減少によって日本が受けた損失について、日本人観光客の減少により韓国が受けた損失の9倍に上るとのデータを示したことを伝えている。

また、韓国のネット上での日本製品不買運動によって越境EC(電子商取引)による日本製品購入も激減し、昨年第2四半期に過去最高の637億ウォン(約60億円)を記録した購入額が、第3四半期には472億ウォン(約45億円)にまで減ったとした。このほか、日本から輸入される自動車、服飾品、酒類、電子製品などの消費財の販売も軒並み大きく減少したことを紹介した。

さらに、産業分野では、日本からの原料輸入に大きく依存していた韓国の半導体メーカーが代替品や自国生産を模索する一方で、日本にとっては韓国ほどの大きな買い手を探すのは困難であると説明。韓国政府関係者が日本による貿易規制措置を「韓国にとって良薬」と認識し、慢性化していた対日貿易の大幅な赤字を改善する契機と捉えているのに対し、逆に対韓貿易黒字を保ってきた日本企業は自国政府の措置により、主要な輸出市場を失う可能性があると論じている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング