Record China

ヘッドライン:

「中国は大国らしからぬ負け」と嘲笑する中国人は、悲しいほど幼稚―中国紙編集長

配信日時:2020年1月17日(金) 10時40分
拡大
16日、環球網は、米国との貿易戦争で「中国が大国らしからぬ負け方をしたという人は、悲しくなるくらい幼稚」とする、胡錫進・環球時報編集長による文章を掲載した。

2020年1月16日、環球網は、米国との貿易戦争で「中国が大国らしからぬ負け方をしたという人は、悲しくなるくらい幼稚」とする、胡錫進(フー・シージン)環球時報編集長による文章を掲載した。以下はその概要。

米国との貿易戦争で「中国は大国らしからぬ負け方をした」と嘲笑する人は、ペロシ米下院議長、シューマー上院議員、バイデン前副大統領が「米国は屈服した」とトランプ大統領を攻撃する論調に学ぶ必要がある。今回の貿易戦争で中国の誤りを随時論証しようとする国内の人は、米国でトランプ大統領を批判する人に比べるといささか幼稚である。

第1段階の経済貿易合意は当然ながら互いに妥協した結果であり、中国が譲歩したのは当然のこと。しかし、中国の譲歩はわれわれの改革開放が強化すべき方向を示しているのではないか。

われわれが米国からの輸入を大幅に増やしているのは、われわれが確かに必要としているからだ。米国がわれわれの必要とする製品を提供できなければ、どんな合意も役に立たなくなる。それゆえ、合意の履行によって米国の製品供給能力が試されることになるのだ。

貿易戦は圧力であるとともに、われわれはそれを可能な限りさらなる改革開放の動力に変えていかなければならない。閉鎖と保守は中国にとって総合的なリスクであり、対外開放が進めばわれわれは一層改革の必要に迫られる。それゆえ、私は中国が負けたとは本当に思っていない。

「では、最初から貿易戦争など起こさず、米国の条件を全部受け入れればよかったではないか」と言う人がいるが、あまりにも幼稚な話で悲しくなる。中国は米国との22カ月の戦いによって、米国の多くの要求を排除することに成功するとともに、米国人に「中国人は手ごわい」とも確信させた。EU(欧州連合)だって、日本だって、米国とこれほど張り合う勇気も能力も持ち合わせていない。中国は大国として、米国からリスペクトを得る必要があったのだ。

われわれは争って大国になろうと思ったわけではないが、今や世界第二の大国になった。中国が大国でないと言うなら、世界では米国を除いてどこが大国だと言うのか。あれこれ考えて「中国はもう大国を自称するな」とあざ笑うような一部の国民は、そんな暇があったら公益活動でもしたらどうか。春節の時期は、どこでも人手を欲しがっているのだから。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング