Record China

ヘッドライン:

「グランメゾン東京」、精緻極まる作品作りとちょうどいい匙加減の立志の物語―中国メディア

配信日時:2020年1月16日(木) 19時20分
拡大
2019年の秋クールでは、木村拓哉主演のTBS日曜9時放送ドラマ枠の「グランメゾン東京」が注目のドラマとなった。資料写真。

日本のドラマの秋クールは10月から年末まで続く。2019年の秋クールでは、木村拓哉主演のTBS日曜9時放送ドラマ枠(「日9」と略称される)の「グランメゾン東京」が注目のドラマとなった。同ドラマは、フランス料理の天才シェフである尾花夏樹が、職場で起きたある事件をきっかけに人生のどん底に沈んだが、「絶対味覚」を持つ女性シェフの早見倫子と出会った後、そのミシュランの星獲得へのこだわりに感化され、再び闘志を燃やしていく様を描いている。ストーリーは主に、この2人が新旧の仲間たちと協力してレストラン「グランメゾン東京」を開業し、ミシュランの三ツ星獲得を目標に奮闘していく物語をめぐって展開される。豪華なキャストと、志を立てて努力していくストーリー設定、手の込んだフランス料理は、ますますうるさくなる日本ドラマファンの感覚を満足させ、ここ数年あまり盛り上がっていなかったグルメドラマをしっかりと「燃え上がらせ」た。文匯報が伝えた。

■キャラクターをはっきりと浮かび上がらせた演技派の中年俳優陣

グルメは日本のドラマがよく取り扱うテーマだ。「グランメゾン東京」のほかにも、2019年に放送された「孤独のグルメ」第8シーズンや「深夜食堂」第5シーズン、「Heaven?ご苦楽レストラン」や「きのう何食べた?」はいずれもグルメドラマの範疇に入り、レストラン経営から家庭料理まで、西洋料理のフルコースから日本料理まで、達人シェフからグルメの美食家まで、さまざまなタイプのドラマが揃った。「グランメゾン東京」が放送されたのは、社会人をターゲット層とした「日9」枠だ。同ドラマのテーマや人物、ストーリー設定は、「日9」枠のターゲット層のポジショニングにうまくはまっていた。高級フレンチレストランを舞台にして、料理のエリート集団をメインキャストに据え、ミシュランの格付け評価を背景としたストーリー設定により、作品に「物珍しさ」を生む仕掛けが施された。また、同作品は高い制作費と大規模な制作という保障を得て、主要制作スタッフや視聴覚効果、内容の専門性においても最高のものを追求することができた。

「グランメゾン東京」はTBSのゴールデンタイムの主力ドラマであり、毎回1億円以上の投資と多くの有名な演出家や俳優の加入により、同ドラマの高い視聴率と高い評判が実現した。演出家チームには、「アンナチュラル」の演出を手掛けた塚原あゆ子や、「花より男子」を演出した山室大輔、「インハンド」を演出した青山貴洋が参加している。俳優の面では、日本ドラマの「ゴッド」的存在の木村拓哉のほかにも、メインキャストに鈴木京香や沢村一樹、及川光博、尾上菊之助など視聴者におなじみのメンバーが揃った。「グランメゾン東京」のキャストには、演技派の中年俳優が名を連ねており、美少年が大手を振っている現在の日本ドラマ界では独自の道を行ったと言っていいだろう。

■ストーリーに巧妙に埋め込まれたミシュラン格付け評価の秘密

ストーリー設定について見てみると、「グランメゾン東京」は業界ドラマの定番路線を踏襲している。職場で挫折し、人生に失望した主人公が、新たに態勢を立て直し、再起を目指して奮闘するストーリーを主軸に、ほとんど知られていない業界の内幕を明らかにし、職場の神話を創り上げていく。さまざまなカテゴリーの日本のグルメドラマのうち、「王様のレストラン」や「Dinner」、「Chef~三ツ星の給食~」などがこのタイプに入る。「グランメゾン東京」のユニークな点は、ストーリー設定においてミシュランの要素を大きく扱い、ミシュランの格付け評価体系の秘密を明らかにしながら、その核心的価値について説明し、ミシュラン三ツ星レストランとは何かを専門的な角度から示し、視聴者に新鮮なグルメドラマ体験をもたらしている点にある。

そしてラブストーリーをメインに据えがちな多くのグルメドラマと異なり、「グランメゾン東京」は登場人物の感情描写において、意図的に愛情の要素を薄めている点は注目に値する。尾花と倫子が曖昧にしている本当の気持ちはストーリーの中に見え隠れするものの、2人の親密で隙のないチームとしての協力体制と、「実力ある者は実力ある者を重んじる」という優れた職人同士の友情を際立たせることにさらに多くの時間が割かれ、「日9」ドラマ枠の主要な視聴者層の職業ドラマに感情移入したいという気持ちと期待に応えただけでなく、作品全体の爽やかな雰囲気にもマッチしていた。料理人の情熱と美食のもたらす癒しは、月曜からまたストレスの多い仕事に戻る社会人たちに新たに活力と希望を注ぎ込んだ。

「グランメゾン東京」の人物設定も非常に好感が持てる。さまざまな性格の料理人たちは、友情を大切にし、理想があるだけでなく、いずれも素晴らしいテクニックの持ち主だ。尾花は性格に欠点はあるものの、その人格的な魅力と超絶的な料理テクニックは、やはり優れた技を持つ料理名人たちを魅了し、どんなことがあってもついていこうと思わせるに十分だ。レストランのシェフたちから伝わってくる「信念を持ち続け、仲間を信頼し、夢を追求する」精神は、まるでリアル版「ONE PIECE」のようで、人の心をつかむ。ライバルの丹後学ですら、職業上の道徳を守り、職人としての自尊心を保ち、何度もレストランを危機から救っており、見る者に尊敬の念を抱かせる。職人たちの前向きな競争と料理の頂上対決は、視聴者に名人が技で勝負する伸びやかさを感じさせ、またミシュランという栄誉の背後にある苦労を実感させた。そして、ひたすら商業利益を目的にして、職人の尊厳を踏みにじるライバル店のオーナーにすべての罪を着せている。こうした設定は単純で荒っぽいものだが、見ている視聴者はスカッとすることができた。

■日本文化の美食へのこだわりを余すところなく表現

美食はこのドラマの最大の見どころで、職人たちが美食の最高の境地を追求する様子を描き出したと同時に、制作チームは視覚的な満足が得られるグルメドラマを目指して力を尽くした。手の込んだ料理の盛り付けや、美しい照明デザイン、躍動感のあるカメラワーク・構図などで、ミシュラン・フランス料理の美感を超クローズアップのショットで余すところなくテレビの視聴者に伝え、食文化ドキュメンタリー番組「舌尖上的中国(舌で味わう中国)」を見慣れた中国人の視聴者ですら、食欲が大いに刺激された。

日本文化の美食に対するこだわりは、「グランメゾン東京」において余すところなく表現されたと言えるだろう。食材選びから調理テクニック、メニュー開発、レストランの営業、飲食サービス、美食のテイスティング評価から格付け審査まで、さながらミシュラン星付けレストランの起業指南のようだ。ストーリーは最高級フランス料理をテーマにしているが、ドラマに登場する食材を通じて、日本産食材の優れた品質と豊富さがさりげなくアピールされていた。もちろん、この日本のドラマで、視聴者は飲食業の職場の魅力や、シェフたちの匠の精神、そして業界トップになりたいという信念とモチベーションを知ることもできた。ドラマ全編は、さっぱりとした味付けの上品なフランス料理を食べたかのように、くたびれた中年が日々の生活で重いプレッシャーを受けて感じる無力感を忘れさせてくれた。エンディング主題歌の「RECIPE」の美しくリズミカルな旋律が始まると、山下達郎のやさしく透明な歌声には、日本ドラマのファンを一瞬にして日本ドラマ黄金時代に戻ったかのような気持ちにさせる魔力があるように感じられる。(文/華東師範大学伝播学院副教授・羅薇)(提供/人民網日本語版・編集/AK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング