Record China

ヘッドライン:

「中国との差に震える」と英紙、高速鉄道建設は中国に学ぶべき?―中国紙

配信日時:2020年2月15日(土) 10時30分
拡大
13日、環球時報は、英国で長年論争が続いてきた高速鉄道HS2の建設にジョンソン首相がゴーサインを出した件について、地元メディアから「中国を見習え」との声が出ていると報じた。写真は中国の高速鉄道列車。

2020年2月13日、環球時報は、英国で長年論争が続いてきた高速鉄道HS2の建設にジョンソン首相がゴーサインを出した件について、地元メディアから「中国を見習え」との声が出ていると報じた。

記事は、ジョンソン首相が11日にイングランドの南北を結ぶを結ぶ高速鉄道HS2の建設計画を進めることを明らかにしたと紹介。ロンドンとバーミンガムを結ぶ第1期区間は2026年の開通予定が28~31年に、バーミンガムからマンチェスター、リーズへとそれぞれ伸びる第2期は当初の32年から35年以降へとそれぞれずれ込む見込みであるとする英BBCの報道を伝えた。

そして、HS2について支持者からは「HS2の開通で、経済のロンドン一極集中が改善されるほか、建設によって数千人の雇用が創出され、経済成長をもたらす」との声が出る一方、建設費用が最終的には1060億ポンド(約15兆円)に達するとの試算が出されていること、沿線住民の生活に支障が出ること、自然破壊の懸念があることなどから反対の声も根強く存在すると紹介している。

記事はその上で、英紙タイムズが12日に「中国がわれわれに高速鉄道建設の方法を教えてくれるかもしれない」とし、新型コロナウイルス感染対策として中国がわずか1週間で1000床余りのベッドを持つ火神山病院を湖北省武漢市に建設したことに言及。「英中両国のインフラプロジェクトにおける差には震撼させられる」と評したことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング