Record China

ヘッドライン:

中国が建設する高速鉄道と日本が建設する高速鉄道、差はどこにあるのか―中国メディア

配信日時:2020年10月28日(水) 12時20分
拡大
26日、中国のポータルサイト・百度に、中国と日本の高速鉄道との差について紹介する記事が掲載された。写真は中国の高速列車。

2020年10月26日、中国のポータルサイト・百度に、「中国が建設する高速鉄道と日本が建設する高速鉄道、差はどこにあるのか」と題する記事が掲載された。

記事は、中国の高速鉄道が世界一の距離を誇り、最高時速も350キロに達していると紹介。一方で日本についても高速鉄道建設において非常に優れた国であるとし、「高い技術を数多く有している」と伝えた。

その上で、両者の実力の差を比較する指標として、外国における高速鉄道の建設状況を取り上げている。

中国については、「タイから受注した高速鉄道建設プロジェクトを前倒しで完成させることに成功し、両国の友好的な発展をさらに推進した」と紹介したのに対し、インドから受注した日本の高速鉄道建設プロジェクトについては、「すでに3年が経過するにもかかわらず20%程度しか完成しておらず、開通するまでにさらに時間がかかる見込みだ」と伝え、「この結果によって日本と中国の差が見えるだろう」と主張した。

そして、「わが国のインフラ技術は非常に成熟している」と自賛し、「この対比からも非常に明らかだが、わが国は日本をはるかにしのいでいるのだ」と結論付けている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング