Record China

ヘッドライン:

中国とミャンマーの「金銀大道」は歩むほど広くなっていく

配信日時:2020年1月14日(火) 19時20分

中国とミャンマーは今年、国交樹立70周年を迎える。習近平国家主席はウィン・ミン大統領の招待を受けて、近く同国を国賓訪問する。習主席による外国訪問は今年初であり、中国の国家主席によるミャンマー訪問は19年ぶりでもあり、必ずや両国関係に新たな章を開くものとなる。(文:陳海・駐ミャンマー中国大使。人民日報掲載)

中国とミャンマーは陸続きで、長い交流の歴史を持つ。両国民は古来「同胞と親戚」と呼び合い、ミャンマー国民は両国の友好的隣国関係を「金銀大道」と形容してきた。近年、両国の指導者が戦略的に先導する中、両国は包括的な戦略的パートナーシップを発展させ続けている。両国は上層部の相互訪問を頻繁に行ない、政治的相互信頼を高め、経済・貿易関係を緊密化し、人的往来を増やし、文化交流を深め、各分野の協力を着実に推進し、人々の心に染み入る恩恵をもたらしている。現在両国は共に努力して、新時代の「金銀大道」を敷いている。

新時代の「金銀大道」は相互信頼と協力の道だ。習主席はアウン・サン・スー・チー国家顧問と二国間、多国間の場で会談を重ね、両国関係発展の壮大なビジョンを共に描いてきた。両国は立法、行政、司法、政党、軍隊、民間など各分野で緊密に交流して、両国関係の強固な土台を築いている。中国側はミャンマーが主権・独立・領土的一体性を守ることを支持し、ミャンマーが自ら選択した発展路線を尊重し、ミャンマー全土の民族的和解・和平プロセスを支持している。ミャンマー側は台湾地区、チベット・新疆関連など中国の核心的利益に関わる問題で中国を断固として支持している。双方は国際・地域問題で緊密な意思疎通と協調を保ち、中国ASEAN、瀾滄江―メコン川協力などの制度で協力を深め続け、各自の国家発展の促進、地域の平和と安定の維持に積極的な貢献をしている。

新時代の「金銀大道」は繁栄と発展の道だ。ミャンマーにとって中国は最大の貿易相手国であり、最も重要な投資協力パートナーだ。近年中国とミャンマーは「一帯一路」共同建設と中国ミャンマー経済回廊を主軸に実務協力を深め続けている。双方は中国ミャンマー経済回廊合同委員会を設立し、アウン・サン・スー・チー国家顧問は「一帯一路」共同建設実施指導委員会のミャンマー側委員長に自ら就任した。互いの努力で、中国ミャンマー石油・天然ガスパイプラインなどのプロジェクトはすでに民生に広範な恩恵を及ぼし、チャオピュー経済特区(SEZ)や中国ミャンマー国境経済協力区など支柱的プロジェクトが進展を得ている。

新時代の「金銀大道」は民心の通じ合いの道だ。中国とミャンマーの関係が深く発展するに伴い、両国民の往来も日増しに活発化している。現在、両国間のフライトは週150便を超える。特色あるミャンマーの自然風光と歴史文化に引きつけられる中国人観光客が増えている。ミャンマーでは中国の映画やテレビドラマが人気で、『紅楼夢』『西遊記』『奮闘』などが新たな「中国ブーム」を引き起こしている。両国は文化・芸術・考古学などの分野でも広範な交流と協力を繰り広げている。中国はミャンマーで様々な民生プロジェクトにも協力し、中国ミャンマー友誼学校、友好病院、貧困削減モデル村など数多くのプロジェクトが現地民衆に確かな福祉をもたらしている。中国の経験はミャンマー国民が貧困から脱却し、素晴らしい生活を創造するうえでも参考になっている。

ミャンマー各界は習主席の訪問を非常に重視し、熱烈に歓迎している。今回の訪問は両国の歴史における新たな一里塚となる。双方はこれを契機に、伝統的友情をさらに強固にし、包括的な戦略的協力を推進し、中国ミャンマー運命共同体を構築し、両国関係のさらに素晴らしい明日を共に創造する。互いの努力で、新時代の中国とミャンマーの友好協力の「金銀大道」は歩めば歩むほど広くなっていくと信じる。(編集NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング