Record China

ヘッドライン:

韓国、野生イノシシ死体からアフリカ豚コレラウイルス、1月は1日平均1例以上確認―中国メディア

配信日時:2020年1月13日(月) 13時40分
拡大
12日、韓国の環境部と国立環境科学院は、アフリカ豚コレラ(ASF)ウイルス感染が確認された野生イノシシの死体が、今年に入ってからの10日間に11例確認されたと明らかにした。写真は上海浦東国際空港。

2020年1月12日、中国メディアの中国新聞網は、韓国で昨年10月に初めて野生イノシシの死体からアフリカ豚コレラ(ASF)ウイルスが確認されて以来、今月10日までに確認された感染死体は計66例に上り、今月は平均すると1日に1例以上確認されていると報じた。

韓国メディアによると、韓国の環境部と国立環境科学院は12日、今年に入ってからの10日間に11例が確認されたと明らかにした。

昨年10月から12月までに確認された感染死体は計55例で、平均すると1日に0.5~0.7例だったが、今年に入って1日平均1例以上になっている。

これまで感染死体が確認されたのは京畿道の漣川郡と坡州市、江原道の鉄原郡だけだったが、江原道華川郡でも最近、初めて発見された。韓国政府は防疫過程で現れる自然な現象とみているという。

ASFは、アフリカ豚コレラウイルスの感染によって起こる豚やイノシシの伝染病で、死亡率が高い。人に感染することはない。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国でも拡大する「アフリカ豚コレラ」、非武装地帯のイノシシが感染源?「養豚業が崩壊」と危機感

中国で猛威を振るう「アフリカ豚コレラ」が韓国でも拡大。北朝鮮で確認された後、非武装地帯の野生イノシシを経由して広がったとみられ、韓国紙は「養豚業が崩壊する恐れがある」と危機感を強めている。写真は上海浦東国際空港の税関。

Record China
2019年9月29日 11時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング