Record China

ヘッドライン:

【動画】座席占領男、報じたテレビ局訴えるも裁判所が棄却―中国

配信日時:2020年1月12日(日) 21時30分
拡大
弁護士の男性が自身の「座席占領」を報じた中国中央テレビに損害賠償を求めた裁判で、北京市海淀区の裁判所は8日、原告の請求を棄却した。

2020年1月9日、中国紙・新京報によると、弁護士の男性が自身の「座席占領」を報じた中国中央テレビ(CCTV)に損害賠償を求めた裁判で、北京市海淀区の裁判所は8日、「報道内容は真実であり、匿名でモザイクをかけるなどの保護義務を果たした」として請求を棄却した。

男性は18年12月、武昌から鄂州までのきっぷを所持していたが、鄂州に着いても下車せず他人の座席に座り続け、不足分の運賃の支払いにも応じず、乗務員に暴言を吐くなどしたとして、5日間の行政拘留処分を受けた。中国中央テレビは同月11日、この事件を報じていた。

この話題について、中国のネット上の反応を見ると、「厚顔無恥」「訴えなければほとんどの人に知られずに済んだのに」「CCTVも今度はモザイク無しで報道すべき」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング