Record China

ヘッドライン:

母親が9歳娘に壮絶虐待、医師や看護師、検察官までが涙するほど―中国

配信日時:2020年1月10日(金) 22時20分
拡大
中国江蘇省無錫市で、9歳の女児が母親から壮絶な虐待を受ける事件が発生した。そのあまりの悲惨さに、事件を担当した検察官や女児を診察した医師らは涙を流したという。

中国江蘇省無錫市で、9歳の女児が母親から壮絶な虐待を受ける事件が発生した。そのあまりの悲惨さに、事件を担当した検察官や女児を診察した医師らは涙を流したという。9日付で中国中央テレビのニュースサイト・央視網が伝えた。

事件を担当した人民検察院の徐静超(シュー・ジンチャオ)検察官は、「病院で女児を見た時に震え上がった。全身に傷やあざ、やけどの跡があった」と話した。医師の診断では、全身の複数箇所に骨折や打撲の跡もあったという。

女児を病院に送り届けたのは小学校の担任教師だった。授業中に女児の姿勢を正したところ、「腕が痛い」と言った。違和感を覚えた教師が袖をまくって確認すると、ひどい傷跡を発見した。教師はすぐに校長に報告、女児に話を聞くと母親からたたかれたと答えた。

通報を受けた警察が母親に事情を聞くと、「この子は性格が偏屈。何度も教育しているが言うことを聞かない。たたくのは正しいと思っている」などと話した。母親によると、女児は幼いころ祖父母の下で育てられた。甘やかされたために他人の食べ物を盗んで食べるなどの問題行動を起こすようになったという。女児が小学校に入ると、同級生とトラブルを起こしたり、家のお金を盗んだりすることがあったため、木の棒やハンガーなどでたたいて“しつけ”をするようになった。女児が母親を嫌い、祖父母を慕っていたことも怒りに火をつけた。それから、暴行や暴言が日常的になっていったという。

ある時、女児が同級生のおやつを盗み食いしたことがあった。それを知った母親は小型のハサミと縫い針で女児の口を刺した。本を買うためのお金でおやつを買った時は、入浴の際に女児の全身に熱湯を浴びせかけたという。逮捕された母親は終始「子どものためだった。何も間違っているとは思わない」と語っているという。

徐氏は「検察官としては中立を保ち、理性的に仕事をしなければなりません。しかし、私はこの子の傷を見て涙が出てしまいました。周りの医師や看護師も泣いていました」と語った。最初に女児を診察した同市の恵山区第二人民医院の医師は、命の危険があり、転院が必要と判断。女児は送られた無錫市児童医院で集中治療室に入った。その後、容体は安定して退院したという。

検察と親族らの話し合いの結果、女児は現在、祖父に引き取られている。祖父は母親による虐待の事実を知らなかったといい、今後も自身が女児を育てていくと話しているという。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング