Record China

ヘッドライン:

北朝鮮がミサイル発射を再開、その意図は?―韓国メディア

配信日時:2020年3月3日(火) 15時50分
拡大
2日、韓国・プレシアンは、北朝鮮が今年初となるミサイルを発射した意図を分析した。写真は金委員長と文大統領。

2020年3月2日、韓国・プレシアンは、北朝鮮が今年初となるミサイルを発射した意図を分析した。

記事によると、北朝鮮は2日午後0時37分ごろ、元山(ウォンサン)から北東方向に短距離ミサイル2発を発射した。2月28日に実施した合同打撃訓練を続けているものとみられている。

北朝鮮がミサイルを発射したのは昨年11月28日以降95日ぶりのこと。記事は「今回の発射は、新型コロナウイルス拡散を受け公開活動を控えていた金正恩(キム・ジョンウン)委員長が久しぶりに公開活動を行った直後に行われた」とし、「金委員長が新型コロナウイルスによる体制内の不安を解消し、結束を強化させるための動きをみせているのではないか」と分析している。

北朝鮮は対外に新型コロナウイルスの感染者が「1人もいない」と強調しているが、朝鮮労働党機関紙・労働新聞は今月1日、平安南道(ピョンアンナムド)に2400人余り、江原道(カンウォンド)に1500人余りの「医学的監視対象者」がいることを明らかにしている。また、先月24日には朝鮮中央放送が平安北道(ピョンアンブクド)に3000人余りの医学的監視対象者がいると報道していたという。記事は「北朝鮮にも新型コロナウイルスが広まった可能性があり、対北朝鮮制裁が長期化する中、状況管理や健在の誇示、軍事力強化などを念頭に今回の訓練を実施したと考えられる」と指摘している。

一方、記事は「金委員長の軍部隊訓練指導と今回の発射はいずれも北朝鮮が冬季に実施する通常訓練を実施したに過ぎないという見方もある」とし、「新型コロナウイルスとは関係なく予定された軍事訓練を行う姿を見せたことで、政権に対する信頼度を高める効果がある」と説明。「新型コロナウイルスの影響で米韓連合軍事演習が事実上キャンセルになり、北朝鮮がこれに対する軍事的な動きを見せる必要がなかったという点も、今回の発射が内部用だとする理由」だと伝えている。

北朝鮮のミサイル発射を受け、韓国のネット上では「北朝鮮にこんなによくしてあげても、返ってくるのはミサイル。それでも韓国政府は笑顔でまたよくしてあげるのだろう」と韓国政府に対する不満の声が続出している。文大統領に対しても「文大統領はどうしてそんなに北朝鮮のことが好きなのかな。三一節(独立運動記念日)の行事でもコロナが深刻な状況なのに、北朝鮮と協力しようだって。これが一国の大統領が言うこと?」と厳しい声が上がっている。

その他に「最近金委員長が何してるか気になってたんだよね」「もう驚きもしない。毎日ミサイル発射実験をしたらかなりいい兵器ができるんじゃない?」「もしかしてお金の催促?」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング