Record China

ヘッドライン:

<コラム>金敬姫氏が6年ぶりに公の場に

配信日時:2020年1月31日(金) 22時50分
拡大
2013年12月に処刑された張成沢(チャン・ソンテク)氏の夫人の金敬姫(キム・ギョンヒ=金正恩氏の叔母)元労働党秘書を、金正恩国務委員長が6年ぶりに登場させた。その背景は何か。写真は北朝鮮。

2013年12月に処刑された張成沢(チャン・ソンテク)氏の夫人の金敬姫(キム・ギョンヒ=金正恩氏の叔母)元労働党秘書を、金正恩国務委員長が6年ぶりに登場させた。その背景は何か。

韓国では旧正月がほんとの正月らしい正月。今年は1月25日が旧正月当日。その日、三池淵(サムジヨン)劇場で金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長および夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏と共に金正日(キム・ジョンイル)委員長の妹であり、処刑された張氏の夫人だった金敬姫元労働党秘書(74)が、2013年以降初めて公開席上に現れた。金正恩国務委員長の叔母である金敬姫元労働党書記が、夫の張成沢元国務委員会副委員長の処刑以来6年ぶりに公の席に登場したことで、その背景に関心が集まっている。

2016年8月に脱北し世界中を驚かせた太永浩(テ・ヨンホ)元英国駐在北朝鮮公使は1月27日、自分のブログに書き込んだ文章で、2013年、夫の張成沢氏の処刑とともに粛清されたとされる金敬姫氏が、実際には「水面下で金正恩氏の後見人の役割をしてきた」とし、「今回の金敬姫氏の登場は、後見政治の終了宣言、金正恩氏の“一人立ち”の出発と見られる」と明らかにした。また今回の金敬姫氏の登場では、「張成沢の粛清は、金敬姫が発起し実行は金正恩が行った可能性が高い」と主張する。太元公使は「金正恩と北朝鮮幹部をつなぐ金敬姫および張成沢を同時に打つというのは、金正恩としては途方もない政治的賭博」とし、「金敬姫の発起や黙認、あるいは積極的な支持なしに張成沢粛清は不可能なことだったはず」と説明する。「張成沢が粛清され、反比例的に金敬姫ラインはさらに昇進した」と語る。

太元公使は「金敬姫の登場は北朝鮮住民たちにも衝撃だろう」とし、彼女が突然公の場に登場した背景には、健康問題との関連があるだろうと分析する。太元公使は「この6年間、金敬姫が金正恩の後ろで高官を管理しながら水面下で後見人の役割をしてきたと仮定すると、金敬姫を突然登場させた真の理由は、金敬姫の健康が悪化している証拠」だとし、「もし、金敬姫が突然死ぬことにでもなったら、金正恩は永遠に叔母を毒殺したという汚名から逃れられなくなる。だから早く北朝鮮社会に叔母の健在感をアピールし、叔父を処刑した張本人は自分ではなく叔母の決心であり、自分はこれを履行しただけということを見せたかったはずだ」とし、「金正恩の長期執権で汚名として残っている“金敬姫毒殺説”を洗い流し、叔父の処刑責任を叔母に転嫁するという誠に金正恩らしい“妙手”であり彼一流の“小細工”」とダメ押しする。

金敬姫の登場が今後の北朝鮮政策に及ぼす影響はどうか?太元公使は「今後、金敬姫の生の期間がいくらも残っていないと見るなら、今後の北朝鮮の政治の行方を予測することができる」、「金敬姫は北朝鮮では“革命の2世代”、韓国で言うなら“おいぼれ、旧勢力、理念派、強硬派”に属する」と説明。「昨年2回あった党全員会議を契機に、金敬姫ラインの多くの幹部が家に帰った(権力から遠ざかった)。金敬姫ラインはほとんどが70・80代で、金敬姫より少し上か同年輩たち」とし、「今は北朝鮮の権力序列で70代もあまりいない。数年内に70代が全ていなくなって60代が占めるようになると、金正恩と幹部の間の年齢差が30年と狭くなる」と指摘。太元公使は「そういうふうに、おいぼれや旧勢力が抜けてゆき、金敬姫の影響力もなくなれば、金正恩、金与正(キム・ヨジョン)など金氏一家の3代が独自に国政を運営することになるわけだけれど、こうなれば、弾力性が増すと同時に混乱も大きくなるだろう」と見通した。

「今後、金正恩の悩みは若手幹部や北朝鮮のミレニアル世代をどう管理するか」だという。「共産主義体制は一回の改革だけでは変わりにくい。世代交代を通じて何か新しくしようという試みが生まれ、改革が進められる中で統制力を失っていって、体制転換に移っていったというのが共産主義のこれまでの歴史だ」と述べる。太元公使は「北朝鮮体制が既に失敗した体制ということを知らない北朝鮮の人はない」、「昨年12月に金正恩が北朝鮮軍団長たちを白頭山(ペクトゥサン)に連れて行き、北朝鮮の運命は今後、革命の脈をいかに繋いでいくかにかかっているとハッパをかけたのも、すべてこのような理由と関連するもの」と話した。

「金正恩強硬政治の限界点が近づいている。我々は、北朝鮮の若手幹部らが『左』の信号を点けてクラクションを鳴らしながらも、ほんとは徐々に『右』にハンドルをきっているんじゃないかと常に注視していなければならない」とし、「旧勢力と理念は年老いてなくなり、実用を重視する若手幹部らが徐々に権力を握ることは避けられない生理的な変化」と指摘する。太元公使は「統一は近づいている。今後10年あるいは20年以内に起こるはず」、「今から積極的に備え、統一への準備を整えなければならない」と付け加えた。

筆者がネットなどで目にしている「予言」としては、2025年に南北統一がくるというのが一番多い。最近の状況からみて、2025年の統一はないように思えるが、10年、20年というスケールで見れば統一がなされないとする理由があんまりないのではないだろうか。いろんな意味で準備は必要なのかもしれない。

■筆者プロフィール:木口 政樹
イザベラ・バードが理想郷と呼んだ山形県・米沢市出身。1988年渡韓し慶州の女性と結婚。元三星(サムスン)人力開発院日本語科教授、元白石大学校教授。趣味はサッカーボールのリフティング、クラシックギター、山歩きなど。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

金正男氏暗殺の引き金は中国最高指導部メンバーの密告か、日本の報道を中国は否定―台湾メディア

14日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄の金正男氏が1年前にマレーシアで暗殺された事件について、後継問題をめぐる中国側の密告が引き金になったとする日本メディアの報道を、中国外交部の報道官は否定した。写真は北朝鮮。

Record China
2018年2月15日 10時20分
続きを読む

ランキング