Record China

ヘッドライン:

雲南省で4億年前の古代魚の化石を発見=人類進化の定説を覆す可能性も―中国

配信日時:2013年9月27日(金) 16時30分
拡大
26日、中国科学院の古脊椎動物・人類学研究所によると、同研究所の朱敏研究員を中心とする研究グループが、雲南省の古代シルル紀の地層から4億2000万年前の古代魚の化石を発見した。
(1/2枚)

2013年9月26日、中国新聞網によると、先ごろ中国科学院の古脊椎動物・人類学研究所は同研究所の朱敏(ジュウ・ミン)研究員を中心とする研究グループが、雲南省の古代シルル紀の地層からおよそ4億2000万年前の古代魚の化石を発見したと発表した。

その他の写真

これまでは、硬い骨をもつ現生動物(硬骨魚綱)の祖先は、軟骨でできた骨格を持つサメのような生物から進化したとする説が一般的だったが、今回発見された化石は、頭蓋骨とあご骨を含む複雑な骨格を持っていた。

研究グループは「この化石は、硬骨魚綱が独自に進化して硬い骨を手に入れたのではなく、単純に祖先から受け継いだということを示している」とし、これまでの人類の進化に関する通説を覆すものだとしている。(翻訳・編集/北田

関連記事

ネズミの祖先の化石が出土―中国

16日、参考消息網は記事「ネズミの祖先の化石が中国から出土」を掲載した。Rugosodon eurasiaticusと命名された化石の動物は、約1億6000万年前のジュラ紀に存在していた古代の齧歯類だ。

Record China
2013年8月17日 15時0分
続きを読む

ランキング