Record China

ヘッドライン:

「武術太極拳」が夏季ユース五輪の追加競技に決定、五輪大会初―中国メディア

配信日時:2020年1月9日(木) 21時40分
拡大
国際オリンピック委員会理事会が8日、スイス・ローザンヌで開かれた。同会議において、武術太極拳が第4回夏季ユース五輪の新競技として追加されることが決定した。

国際オリンピック委員会(IOC)理事会が8日、スイス・ローザンヌで開かれた。同会議において、武術太極拳が第4回夏季ユース五輪の新競技として追加されることが決定した。武術太極拳が五輪大会で正式競技として採用されるのは今大会が初めてとなる。中国新聞社が伝えた。

第4回夏季ユース五輪は、2022年10月、セネガルの首都ダカールで開催される。大会の運営計画によると、同大会には、世界各国・地区を代表するアスリート48人が4種類の武術競技(男女総合長拳および男女総合太極拳)に出場する予定。このうち総合長拳には長拳と棍術、総合太極拳には太極拳と太極扇の種目がある。

国際武術連盟(IWUF)はこれまでに、2001年、2008年、2011年の3度にわたり、IOCに対して武術太極拳を追加競技種目として申請し、第3回2020年東京五輪追加競技候補8種目に入ったが、最終的に選考から外れた。

昨年12月に開催されたIOC理事会では、ブレイクダンス、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、空手の5種目が第4回夏季ユース五輪の追加競技として正式に承認された。今月8日の理事会では、武術太極拳と五人制野球が追加競技として採用され、追加競技は7種目となり、計35種類の競技が同大会で実施されることとなった。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

柔道やテコンドーは五輪種目なのに中国武術はなぜ違うのか?中国ネットが議論=「中国武術は鑑賞性の高いもの」「中国武術は殺人技だから」

14日、中国のポータルサイト・今日頭条が「柔道やテコンドーは五輪種目なのになぜ中国武術は五輪種目ではないのか?」と題する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年8月15日 20時20分
続きを読む

東京五輪での金メダル獲得予想に対する日本人の反応に、中国ネット「えらく理性的だな」「韓国選手みたいに…」

中国の映像メディア・梨視頻は7日、「2020年の東京五輪で日本は31個の金メダルを獲得するという予想が出されたが、日本人からは『せいぜい15個』といった声が上がっている」と伝えた。写真は東京五輪・パラリンピックのエンブレム。

Record China
2019年5月9日 10時20分
続きを読む

ランキング