Record China

ヘッドライン:

武漢の原因不明の肺炎は新型のコロナウイルスか―中国メディア

配信日時:2020年1月9日(木) 17時40分
拡大
9日、中国中央テレビのニュースサイトは、中国湖北省武漢市で多発している原因不明のウイルス性肺炎の病原体は新型のコロナウイルスであることが初歩的に判定されたと報じた。資料写真。

2020年1月9日、中国中央テレビのニュースサイトは、中国湖北省武漢市で多発している原因不明のウイルス性肺炎の病原体は新型のコロナウイルスであることが初歩的に判定されたと報じた。

病原体を調査している専門家チームが、複数の患者から新型のコロナウイルスを検出したという。

中国紙・人民日報によると、武漢市衛生健康委員会は5日夜、同日午前8時時点で、原因不明のウイルス性肺炎の発症者が59人になったと発表した。うち7人が重症患者という。59人は全員、市内の医療機関で隔離されて治療を受けており、重症患者以外の患者のバイタルサインは安定しており、死亡例はない。一部の患者は同市の華南海鮮城(華南海産物卸売市場)の卸売業者であることが分かっている。現時点での調査では、ヒトからヒトへの感染は確認されていない。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

SARS発生源、キクガシラコウモリが有力―中国

1日、中国科学院武漢ウイルス研究所の石正麗研究員が率いる国際研究チームはこのほど、SARSウイルスに相似するSARSコロナウイルスを抽出し、キクガシラコウモリがSARSウイルスの起源であることを裏付けた。写真は03年5月、北京地壇医院SARS児童病棟。

Record China
2013年11月3日 8時20分
続きを読む

ランキング