Record China

ヘッドライン:

原因不明の肺炎の疑いのある症例、韓国でも確認、中国籍女性―中国メディア

配信日時:2020年1月9日(木) 16時10分
拡大
8日、中国メディアの観察者網は、中国湖北省武漢市内で多発している原因不明の肺炎に関連し、「韓国でもこの疑いのある患者が初めて確認された」と報じた。写真は武漢市の華南海産物卸売市場。

2020年1月8日、中国メディアの観察者網は、中国湖北省武漢市内で多発している原因不明の肺炎に関連し、「韓国でもこの疑いのある患者が初めて確認された」とし、韓国・聯合ニュースの8日付報道を引用して次のように伝えている。

韓国の疾病管理本部は8日、韓国国内で「原因不明の肺炎」の疑いのある患者が発生したと明らかにした。

患者は中国籍の女性で、調査の結果、武漢市を訪れた際、感染経路として疑われている華南海産物卸売市場の訪問や野生動物との接触はなかったことが分かっている。武漢から戻ったあと、昨年12月17~25日は韓国国内にいて、26日から中国福建省アモイ市に出張し、30日に韓国に戻った。31日に咳(せき)やのどの腫れといった症状が出た。今月2~3日には咳と熱の症状が出たため病院を受診し風邪と診断された。7日に病院を受診し肺炎と診断され、盆唐ソウル大学病院に移送された。現在は隔離治療と検査を受けており、容体は安定しているという。

疾病管理本部はこの日会議を開き、中国保健当局の発表に基づき、危機段階レベルを「関心」で維持することにした。また、武漢からの入国者に関する情報を医療機関に提供したり、出国者を対象に案内文を配布したりするなどの予防管理対策をさらに強化することにした。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「スーパーバクテリア」患者を大部屋に放置、韓国病院のずさんな管理が物議=「MERSをもう忘れた?」「医療先進国になれない理由」―韓国ネット

22日、韓国メディアによると、韓国の一部の病院で、抗生剤が効かない「スーパーバクテリア」感染患者に対し“ずさんな管理”が行われていることが明らかになった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

Record China
2017年1月24日 7時30分
続きを読む

韓国政府、鳥インフル対策で「カモに近づくな」と注意喚起=韓国ネット「以前はラクダに近づくなと…」「政府にやるなと言われると逆にやりたくなる」

11日、韓国南部の島・済州島内の野生鳥類のふんから高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、すでに全国的に広まった感染のさらなる拡大を食い止めようと韓国政府が総力を挙げている。写真はカモ。

Record China
2017年1月12日 15時40分
続きを読む

日韓の鳥インフル対応に歴然の差、確認から2時間で動いた安倍首相に韓国ネット「日本のトップがうらやましくなるなんて」「100年後も変わらない」

5日、日韓で鳥インフルエンザウイルスの感染拡大が懸念される中、韓国メディア・イコノミストが、感染確認からの対応スピードに日韓で歴然たる差があったと伝えた。写真は韓国の海岸。

Record China
2016年12月5日 22時0分
続きを読む

ランキング