Record China

ヘッドライン:

米イランの軍事力を比較―中国専門家

配信日時:2020年1月9日(木) 16時40分
拡大
8日、中国メディアの北京青年報は、緊張が高まる米国とイランについて、それぞれの軍事力と強み、弱みについて分析する記事を掲載した。

2020年1月8日、中国メディアの北京青年報は、緊張が高まる米国とイランについて、それぞれの軍隊の規模と強み、弱みについて分析する記事を掲載した。

まず、イランについては英国際戦略研究所のデータとして52万3000人の現役軍人がおり、うち35万人が正規軍で、少なくとも15万人がイランイスラム革命防衛隊の兵力であると紹介。防衛隊の海軍部隊は2万人規模で、ホルムズ海峡で複数の武装巡視船を航行させているとした。

また、米国については昨年5月以降中東地域の兵士の数を増やしており、2019年末現在ですでに1万4000人を増派したと説明。米紙ワシントン・ポストの調査では、米国は現在イラン周辺に海外駐留兵の約3分の1にあたる約7万人の兵士を配備しているという。

そして、双方の強みと弱みについて中国の軍事評論家・宋忠平(ソン・ジョンピン)氏の分析を紹介。米軍については「中東地域で陸海空すべての軍備力があり、地域の同盟国にも軍事基地を持っているほか、世界的な兵力輸送能力も高い」とした。これに対してイランは「人数で優位に立つものの、軍備の先進性や体系的な作戦能力では明らかに米国に劣るほか、自国付近で対立が生じていること、米国本土を直接攻撃できる力を持っていないことも不利な点だ」と解説している。

一方で、「イランは中東地域で最も強いミサイル部隊を持っており、固形燃料弾道ミサイルや対艦ミサイルはペルシャ湾内にある米国の空母に一定の脅威を与えることになる」と分析。また、「ホルムズ海峡を押さえることができる点もイランの強みであるほか、中東の多くの国に自らの志願軍が存在しており、これらの武装勢力が歩調を合わせて米軍を攻撃すれば、米軍にとっては大きな面倒になる」とした。(翻訳・編集/川尻) 

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング