Record China

ヘッドライン:

最も評価が高かった日本映画・ドラマは? 2019年の年間ランキング発表―中国映画情報サイト

配信日時:2020年1月8日(水) 15時0分
拡大
中国の大手映画情報サイト・豆瓣はこのほど、2019年にユーザーからの評価が最も高かった映画・ドラマ作品を発表した。

中国の大手映画情報サイト・豆瓣(douban)はこのほど、2019年にユーザーからの評価が最も高かった映画・ドラマ作品を発表した。中国メディアの環球網が6日付で伝えた。

中国映画部門では、アニメーション作品の『哪吒之魔童降世(英題:Ne Zha)』がトップを獲得。2位は1週間で興行収入8億元(約123億円)超えを記録した「少年的你」だった。また、4位には日本でも話題になったSF作品『流浪地球(英語名:The Wandering Earth)』が、7位には過去70年間に起こった歴史的瞬間を切り取った愛国映画『我和我的祖国』が入った。

日本映画部門では、篠原涼子、広瀬すず、渡辺直美らが出演した『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が1位だった。2位は長澤まさみ、東出昌大が出演したコメディー『コンフィデンスマンJP プリンセス編』、3位はアルツハイマー型認知症を患った男性とその家族を描いた『長いお別れ』。4~10位は、『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』、『WE ARE LITTLE ZOMBIES』、『七つの会議』、『きみの鳥はうたえる』、『銀魂2』、『寝ても覚めても』、『累 -かさね-』だった。

日本ドラマ部門1位は、黒木華主演の『凪のお暇(なぎのおいとま)』。2位は『坂の途中の家』、3位は中国でも人気の木村拓哉主演『グランメゾン東京』だった。4位は西島秀俊らが出演する『きのう何食べた?』、5位はBL(ボーイズラブ)を描いた『ポルノグラファー~インディゴの気分~』。6~10位は、『俺の話は長い』、『扉の向こう(『あなたの番です』番外編)』、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』、『これは経費で落ちません』、『絶叫』となった。

韓国映画部門1位は、ゴールデングローブ賞(外国語映画賞)を獲得した『パラサイト 半地下の家族』。2位は『82年生まれ、キム・ジヨン』、3位は『僕の特別な兄弟』。韓国ドラマ部門は『メロが体質』、『ああ、男子校で幸せ』、『眩(まぶ)しくて』がトップ3だった。

外国語映画部門1位はレバノンの作品『存在のない子どもたち』。2~10位は『グリーンブック』、『JOKER』、『パラサイト 半地下の家族』、『ボヘミアンラプソディ』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』、『スパイダーマン:スパイダーバース』、『トイ・ストーリー4』、『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』が続いた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国映画サイトのアニメランキングで「千と千尋の神隠し」を抑えて1位になっている日本の作品とは?

21日に中国で劇場公開が始まったスタジオジブリのアニメーション映画「千と千尋の神隠し」が好調な滑り出しを見せる中、中国の映画評価サイトで同作を上回る評価を獲得しているアニメ映画がある。写真は「千と千尋の神隠し」のチケット。

Record China
2019年6月26日 12時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング