Record China

ヘッドライン:

韓国メディアが米CIAを「厚顔無恥」と批判

配信日時:2020年2月13日(木) 11時20分
拡大
13日、環球時報は、米国の中央情報局が約100カ国に及ぶ機密情報を盗んでいたとして、韓国メディアが「厚顔無恥な行為だ」と批判したことを報じた。資料写真。

2020年2月13日、環球時報は、米国の中央情報局(CIA)が約100カ国に及ぶ機密情報を盗んでいたとして、韓国メディアが「厚顔無恥な行為だ」と批判したことを報じた。

記事は、米紙ワシントン・ポストがドイツメディアと共同で実施した調査を基に11日に報じた内容として、米CIAがドイツ連邦情報局(BND)と共に、暗号関連装置を手掛けるスイス企業のクリプトを数十年にわたりコントロールし、装置の販売を通じて世界約100カ国におよぶ政府の通信情報を傍受していたことが明らかになったと伝えた。

そして、CIA自身がこの計画について「諜報戦の勝利」とし、米国とその盟友の利益を守ったと自認しているものの、「皮肉なことに、監視の対象にはトルコ、日本、韓国などの盟友も含まれていた」と説明している。

その上で、この件について複数の韓国メディアが憤慨たとし、ソウル新聞が12日に「CIAの厚顔無恥な機密窃盗行為」と報じると、京郷新聞も「米国からやってきた情報テロ」という形容を用いるとともに「韓国も同社のお得意様だった」と伝えたと紹介。さらに、「米国は中国がファーウェイ(華為技術)などを通じて機密情報を盗んでいると言い続けているが、自身が敵味方の区別なく機密情報を根こそぎ盗んでいたことが暴露されたことで、外部からの批判は免れない」と評したことも併せて伝えた。

記事によると、復旦大学サイバー空間国際ガバナンス研究基地の瀋逸(シェン・イー)主任は、「米国人が近年、中国企業にかみついて離さないのは、彼ら自身こそ盗みの常習犯だから。下衆(げす)の勘繰りだ」との見解を示したという。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング