Record China

ヘッドライン:

原因不明の肺炎患者59人に、SARSの可能性否定―中国メディア

配信日時:2020年1月6日(月) 18時0分
拡大
中国湖北省武漢市の衛生健康委員会は5日、市内で多発している原因不明の肺炎について、発症者が59人になり、うち7人が重症と発表。SARSやMERSの可能性は排除した。資料写真。

2020年1月6日、中国メディアの観察者網によると、中国湖北省武漢市の衛生健康委員会は5日、市内で多発している原因不明の肺炎について、発症者が59人になり、うち7人が重症で、全ての患者は隔離され、治療を受けていると発表した。

衛生健康委員会はまた、現時点で人から人への感染はないとし、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)の可能性は「排除した」としている。

世界保健機関(WHO)は5日に出した声明で、「WHOは1日、リスクを評価するため中国当局にさらなる情報を要求した」「3日現在、中国当局から原因不明の肺炎患者44人がWHOに報告されている。うち11人が重症で、33人は安定した状態にある」などとした上で、「WHOは、最新の情報に基づき、中国への旅行または貿易の制限を適用しないよう助言する」としている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

SARS発生源、キクガシラコウモリが有力―中国

1日、中国科学院武漢ウイルス研究所の石正麗研究員が率いる国際研究チームはこのほど、SARSウイルスに相似するSARSコロナウイルスを抽出し、キクガシラコウモリがSARSウイルスの起源であることを裏付けた。写真は03年5月、北京地壇医院SARS児童病棟。

Record China
2013年11月3日 8時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング